2019.02.14

メンタリティ

ダメな私で、ごめんなさい。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

人は悩んで、苦しんで、嘆いて、泣いて、そしてまた明日を迎える。明日が来れば、それでいいから。

謝ることしか出来なくて

ごめんなさい。

心の声を。
どこに置いたらいいか分からないこの声を。

ここに、置かせてください。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

私は、「ダメ」でしょう?

私って、ダメ人間なの。

ダメ人間の私は、色んな側面を持っているの。

笑っている私だって、
泣いている私だって、

顔は笑っていても、心は泣いている私だって、

毒を吐いている私だって、

全部、私なの。

何人居る私も、全部私なの。

私は、私なの。

このままの私で居たいよ。

居たいけど、このままじゃダメでしょう?
今の私は「ダメ」でしょう?

分かってるんだけど、お願いだから、誰か。

今のあなたでいいよって、言って?

ねえ、お願い。

あなたへ。

私を思ってくれる人へ。

なぜそんな人が居るのかも分からないけれど、今その思いを持ってこの世に存在してくれている人へ。

こんな私で、ごめんなさい。

あなたが思ってくれる私自身がこんな自分で、ごめんなさい。

本当は、存在なんてしなければ良かったのに。
何故だかこの世に生まれてしまって、
あなたの目に入ってしまって、ごめんなさい。

私には、消えることでしか解決の方法が分からないんだ。

でも、消える方法も分からず、結局今日もこうやって存在してしまって、ごめんなさい。

今、あなたにありがとうを伝えることができなくて、ごめんなさい。

私を思ってくれるついでに、聞いてもいいですか。

私は、どうしたら生きていけるのでしょうか。

あなたは私を思ってくれるから、その答えをくれるでしょう?

学校の授業には、全部正解があったように、私の人生にも正解があるのでしょう?

私は一体、どうやって生きたらいいのでしょうか?

怒ってしまって、ごめんなさい。

ああ、ごめんなさい。
今度は私、怒りが湧いてきた。

分からないでしょう?
どうして私が怒っているのか。

私にも分からないもの。

どうして、何かを投げつけてしまうのか。
机の上を、荒らしてしまうのか。
物理的な何かに、ぶつけることしかできないのか。
何も分からないけれど、こうするしか、私には術がないの。

…ああごめんなさい。

こんなことを言って、あなたの気持ちを傷つけた。

またあなたは悲しい気持ちになるね。
ごめんなさい。

綺麗事はもう、嫌だよ…。

生きていればいい?
若いうちで良かった?
辛い経験があったからこそ今がある?

え、じゃあそこにたどり着くまで、毎日毎日、こんなに苦しいの?
働けないのに、どうやって生きていけと?
毎日消耗することしかできなくて、どうやって生きろと?

そんなの、綺麗事じゃん。

あなたは私が生きていると幸せなの?

それ、あなたにとってでしょ?


私にとって、私が生きていることは、不幸なの。

お願い。
もう、終わりにしてもいいでしょう?

お願い。
もう誰か終わらせて?
終わらせ方も分からないよ。

とても寒いところに連れてって?
お願い。
もうそれだけで、いいから。

求めてしまって、ごめんなさい。

みんなもう、私を捨てて。
私になにも、求めないで。

生きててなんて、言わないで。

その意味も知らないくせに、生きててなんて、言わないで。

お願いだから。
もう、解放してください。

…ごめんなさい。
自分で全部解決しなければいけないのに。
あなたに押し付けて、本当にごめんなさい。

本当に本当に、ごめんなさい。

もう、いいや。

ああ、もう疲れた。

いいや。
今日はもう、寝よう。

泣きすぎて泣きすぎて、もう何が何だか分からないよ。
とりあえず横になってて、明日目が覚めなければいいのにな。

ああ、でも、まあいっか。

目が覚めたら、そしたらそのままで。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする