2019.02.08

どうせ生きるなら

他人にどう思われようと正直なんとも思わない。

あーやん。

あーやん

人の視線や、陰口が気になって仕方なかったあの頃...今は、なんとも思わない。

陰口や視線

ずっと後ろ指さされて生きているような感覚だった。

ずっと人の視線が痛かった。

ずっと陰口が怖かった。

言われてることはわかってる。

何を言われているのかも、少し想像がつく。

気にしていたって仕方ないのはわかっていた。

でも、私は傷ついた。

私は怖くて仕方がなかったんだ。

周りにどれだけ「大丈夫」と言われようと、周りにどれだけ「気にしないで」と言われたところで、私は気にしてしまった。怖かった。

自意識過剰だったかもしれない。

でも、怖いものは怖いんだ。

誰だって、人には好かれていたいものでしょう?

一匹狼にはなれないよ。

そんなに簡単には変われないよ。

私だって、弱いんだ。

どれだけ強気な発言をしていたって、どれだけ強がって見せたって、怖いものは怖いんだ。

私だって人間なんだ。

アンチされたら傷つくものだ。

周りの人に悪口を言われていると気づいたら、傷つくものだ。

悲しくなるし、涙だって出てくる。

人をいい気分にしないということがわからないのかな…

なんて思ったこともあった。

でも、もうそれでよかった。

だって、私、きっと、ずっと傷ついていたって仕方ないから。

でも、ごめんね。たぶん本当は強いんだ。

SNS上のアンチや、さほど仲良くない友達の悪口に傷つくことほど、時間の無駄はない。

本当の私を知らない人たちが、あーだこーだ言ってるのを見ていても仕方がない。

気にしていたって、止まるものじゃない。

むしろ、傷つけることを生き甲斐にしているクズもいるもんだ。

人を悪く言うことでしか自分を保てないんだと思うようになった。

それからは、「あーまた言ってる」「次はこの人か」「え?的外れすぎワロタwww」って思うようになった。

会社のことだって色々言われる。

でも私は負けず嫌いだから、『絶対この人たちの思い通りにはしない。』と思って、勝ち筋を見つける努力をした。

会社が成功すれば、私が有名になれば、あなたたちは手のひら返したように「昔から知ってるんだよねー」って言うでしょう?

それはそれで面白いじゃない。

大きい声を出す人間が上に立つ世の中なら、大きい声出せばいいんでしょう?

絶対、思い通りにだけはさせないから。

どんなに心折れる出来事があっても、「こいつらの思い通りになってたまるか」って思う。

そう思うだけで私はまたいくらでも走れる。

だから、むしろありがとう。

私にやる気を与えてくれて。

止まった足を先に進めてくれてありがとう。

大変感謝してるよ。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする