2019.02.04

「逃げ場がなくて、自分の中に居場所を作ったのね。」

Ayano

Ayano

自分の居場所がなかったあの頃。気づいたら、自分の中に作っていた。

いじめ真っ只中

いじめ真っ只中のあの頃、私には居場所がなかった。

逃げ場がなかった。

誰に頼っていいのかも、誰に弱音を吐いていいかもわからなかった。

死にたいとの葛藤。

プライドの高い私は、「友達なんていらない。」「私には必要ない。」「一人で生きていける」なんて自分に言い聞かせてた。

本当は繋がりを求めていた。

本当は誰かに頼りたかった。

本当は誰かに愛されたかった。

本当は誰かと絆を結びたかった。

でも、私はそんなことできなかった。

そんな居場所を無くした私は、SNSに逃げた。

でも、SNSでもいじめがあった。

心無い言葉。顔が見えないからって言いたい放題。

私は、どこの世界に行っても認めてもらえない。愛してもらえないんだって思った。

だから私は…

 

自分の中に居場所を作った

気づいたら、自分の中に居場所を作っていた。

別人格が自分を愛してくれた。

自分の中の大きな部屋に数人集まった。

彼ら彼女らは、私を愛してくれた。

私を認めてくれた。

だから私も、彼ら彼女らの存在を認めることにした。

よくわからない感覚。

でも、生きることを肯定してくれた。

私に居場所を提供してくれた。

この世界に私の居場所がなくても、私の中には私の居場所があった。

それが私の中で支えとなった。

反対に、生きづらさは増すばかりだった。

生活は乱れた。友人関係は簡単に崩れるようになった。彼氏には見放された。

 

どれが本物?

「本当のお前はどこだよ」「俺は、どのお前を信じたらいいんだよ」

元彼に言われた言葉だ。

わからないよ、私にだって、未だにわからないよ。

そして、全てを吹っ切れたと思ったけれど、未だに言われる。

「多重人格なの?」「二重人格なの?」「たまに恐ろしいこと言い出すし、そうかと思ったら笑い始める。」って。

私にだってわからないよ。でもいいんだよ、これでいいんだよ。

本物なんて知らないよ。

私は私だよ。

そして、私の居場所は私の中にあるよ。

今でも、会ってみたいと思う。

でも、会えなくていいんだ。

私の居場所をくれたって事実がそこにあるだけで。

私は生きているんだ。

急に死にたくなるのも私。

ハッピーで仕方ないのも私。

口が悪くて怒りっぽくなるのも私。

演じてるわけでもなければなんでもないよ。

そして、多重人格なわけでもない。

全部私で、全部私じゃない。

先生に言われた一言。

「逃げ場がなくて、自分の中に居場所を作ったのね。」

そう。生きやすくするために、多分たくさんの性格や人格を操るようになったの。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする