2019.02.04

元彼なんて抹消できたら楽なのに…

Ayano

Ayano

元彼なんて存在は要らない。次に進めないのは、未練のせいだけじゃない。

「価値観が合わないね」

どこまで頑張っても彼と価値観が合うことはなかった。

趣味も、特技も、感性も、恋人に求める条件や、生きてきた道、友達のジャンルだって、全部全部正反対だった。

分かり合えるわけなかった。

毎日のように続く喧嘩。

一方的な愛情。

受け止めきれなくなる彼。

自分勝手に投げつけた私の愛情は優しいものじゃなかった。

きっと彼を苦しめる道具でしかなかった。

別れるという道はお互いにとって、とても正解だった。

唯一、お互いが一致したこと。

それは、「別れる」という決断だった。

これでいいんだって何度も言い聞かせながら、何度も泣いた。

別れてから私は5kg痩せた。

代々木駅で倒れた。

どうしようもなく辛かった。

今までの恋愛では考えられないくらい辛かった。

きっと、それくらい好きだったんだろう。

気づいたら、、、

気づいたら、普通にご飯に行くようになっていた。

気づいたら、なんでも話せる友達になっていた。

気づいたら、一番の理解者になっていた。

気づいたら、依存していた。

気づいたら、愛してた。

きっと付き合ってた時の何倍も愛してた。

でも、依存してしまった。

彼のことはもう全く好きじゃない。

他に気になる人だってできた。

でも、次に進めないのは、彼と会えなくなる日常を考えるのが辛かったから。

彼に新しい彼女ができることを想像することですら恐怖だった。

でも、もう仕方ないんだ。

終わりを迎えなきゃいけないんだ。

だって私、依存してしまったから。

気づかなかった、、、

今日まで気づかなかった。

あなたが私を誰かの代わりにしていることも。

あなたが私を求めていないことも。

あなたが私を面倒に思っていることも。

あなたが私を嫌っていることも。

あなたが私を迷惑だと思っていることも。

こんなに大切にされていないんだってことを、今日まで気付くことができなかった。

なんとなくで満たされてしまっていた。

自分のことしか見えていなかったから、気づかなかったんだ。

何も興味がないことを。

元彼なんて毒

元彼なんて、ただの毒。公害。ゴキブリ!!

くらい思ってないと、やっていけないでしょ。

会わない理由を探すことが難しい。

会いに行かないなんて決断するのは無理。

私たちにとっては、無理!!

「今どこ?」「今から会える?」そんな連絡が来たら飛んで行く。

だから都合いいようにされてた。

それも全部気づいてたんだけど、でも、、、

気づかないふりをすることで精一杯だったよ。

別れてからも、相変わらずたくさん喧嘩した。

やっぱりわかり合うことはできなかった。

元彼に依存してすがっていたって何も前には進まない。

わかってるよ、全部。

でも、簡単にできてたら今日まで泣いてないんだよ。

もう、これで最後。

「もう、会いに行かない。」

私があなたに依存しないで生きられるまで、会いに行かない。

あなたに寄りかかることでしか自分を保つことができなかった。

反省してる。

ずっと一人で立つことすらできない弱い私を、卒業しなきゃいけないんだ。

元彼なんて、抹消できたら楽なのに…

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする