2019.02.02

あの頃の私たちは、二人だけの孤独な世界に居た。

久保佳奈子

久保佳奈子

二人で居たのに。ううん、二人で居たから。もしかしたら、孤独だったのかしら。

貴方の世界

ねえ、貴方は何処を見ているの?

貴方の視界の中には、何が映っているの?

目を瞑った時に、思い浮かぶものは何ですか?

私の顔は、そこに居ますか?

貴方の世界に、私は居ますか?

私はここに居るよ。
お願い、こっちを見て。私に、気付いて。

貴方は孤独ですか?

貴方はどうして「自分は孤独だ」なんて言うの?

私が居るじゃない。

いつだって私は貴方の側に居るじゃない。

私が貴方から離れることがないのを、貴方は知っているでしょう?

貴方だって、私はずっと居ると思っているでしょう?

一緒に居るのに、孤独だなんて。
そんなに悲しいこと、聞きたくない。

私が貴方の孤独を埋めることは出来ないの?

私が貴方を孤独にするのであれば、私はここには、要らない。
ここに私の居る場所は、もうないのね。

貴方は孤独でしたか?

私は貴方にとって、どんな存在でしたか?

貴方は私が居なくなって、ただこれまでと同じように、孤独でしたか?

私が居る時間も、居ない時間も、一緒でしたか?

私は自分の居場所が分からなかったから。

いっそ離れてしまって、貴方は本当の孤独を知ればいいとさえ思った。

私が貴方の側に居たことを、勝手に強く感じてくれればいいと思った。

貴方が孤独だと言うならば、私はその言葉に従うしかなかった。

貴方は、孤独なんだから。

私は、要らないでしょう?

私は私で“要たい”

私は、貴方の元を離れた。

貴方のお望みどおり、貴方は孤独になったでしょう?

私は貴方の中に、居ても居なくても、同じ存在。

だから私は、私が私で居られる場所、“要られる”場所を、探しに来た。

今の私は、ここに“要る”。

私が私で、“要られる”世界。

貴方は貴方が“要る”世界に居るのだから。

私だって、私の“要る”世界に来た。

それで良かったでしょう?

それが貴方のお望みでしょう?

私は孤独じゃない

なぜかしら。

私は、貴方と離れて、不思議と孤独を感じなくなりました。

私は貴方が居ないと駄目になると、信じて止まなかった。

貴方が居ない世界に、私は居ないと信じて止まなかった。

孤独になるなんて、信じられなかった。
そんな世界、一生来ないと思っていた。

いざその世界に足を踏み込んでみたら、私は孤独ではなくなりました。

貴方が居なくなって、私は「私」を、見つけた。

二人だけの孤独な世界

もしかしたら。

貴方と一緒に居た時間、私は孤独だったのかもしれない。

貴方も、私も、二人で居たのに。
二人とも、孤独だったのかもしれない。

もう二度と戻ることはないあの時間。

私はあんなにも孤独な時間を、知らなかった。

二人だけの、温かい、孤独な時間。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする