2019.01.27

【私はどっち?】メンヘラが彼氏に2択で質問攻めをしてみた

久保佳奈子

久保佳奈子

「メンヘラ」と一区切りにされる女の子にだって、色んな子が居る。彼女はメンヘラじゃない。彼女は、「彼女」だから。

欲しい答えは、決まってる。

女の子がする質問とか相談って、自分の中では答え決まってるじゃん。

これ男性によく言われることだよね。

私は女だけど、すごく共感。
決まってるなら聞かないでくれる?って思ってしまうこともある。

私の場合、自分が何かを相談する時は、共感よりも客観的な意見が欲しい。
でも、友達の中には、こう言う子も居る。

本質的なことがどうこうじゃなくて。
私に共感してほしいの!
私が欲しい答えを言ってくれたり、うんうんって頷いてくれたら、それでいいの!

なるほど。
これこそ「答えが決まっている相談事や質問」か。

メンヘラ、出動します。

私には答えが決まっていることをあえて人に聞くことの意味が根本的には理解できないのだけれど。
そういう女の子が沢山居るのも、事実。

ということで、今回はあえてメンヘラを出動させてみました。

その名も、「メンヘラ、彼氏に怒涛の2択質問を連発するの巻。」

自分の中で、私はこう答えて欲しいな〜ということをイメージした上で、質問しまくってみました。

メンヘラによる2択質問には、どう答えるべきなのか。
その疑問を、自分の彼氏で徹底検証してみました。

世のメンヘラ彼女とお付き合いされている男性諸君。
どうぞ最後までお付き合いください。

私って、うどん?そば?

第一問。

私って、うどんかそばのどちらかに例えるなら、どっちかなあ?

私の中では、圧倒的に「うどん」っていうのがお望みの答え。
うどんとそば、この2種類の麺類の要素を比較して、さあ我が彼氏はなんと答えるだろう。

解答はこちら。

うどんだね。

コシがあるよね。
肌も白くて綺麗だし。

うん、悪くない。
出だしは好調だね。

私って、ハードル走?走り幅跳び?

はい次、第二問。

私って、ハードル走っぽい?それとも走り幅跳びっぽい?

これはね、私のことを理解してくれていたら、後者を選ぶと思うのよね。
一見ハードル走っぽいんだけどね。

さあ、彼氏の解答は!?

走り幅跳びだね。

ハードル、飛ぼうとしたら引っかかっちゃうでしょ。
膝打ってアザ出来ちゃうし、ハードルなんて飛ばなくていいよ。笑

それよりは、走り幅跳びって感じ。
一生懸命助走つけて飛んだのに、意外とあんまり飛べなかった。
みたいなところ、かわいいよね。

はあ…。
聞きました?
もうこれ、完全なる模範解答。

実は不器用なところ、かわいいよね。って。
そういうことでしょ?
はあ、好き。

私って、メガネ?コンタクト?

はい、第三問。

私って、メガネかコンタクトだったら、どっちかなー?

ちなみに私はいつもコンタクトをしている。
短絡的に考えたら、コンタクトだよね。

完全に上回ってきた彼氏の解答がコチラ。

絶対に、メガネ。コンタクトって、「私は目が悪い」ということが、他の人に見えない状況じゃん?
自分を隠している状態というか。

かなこ(私の本名)は素直だから、自分が目が悪いということを、あえて人に隠さない。

そういう意味で、メガネだね。

はあ。
メガネをかけている私のままでいいんだよ、って。
そういうことだよね?
なんなの、私の彼氏は天才なの?

私って、洋装?和装?

第四問。
もうこの辺りから、私はニヤニヤが止まりません。

私って、洋装っぽい?和装っぽい?

なんかもはやどっちでも良い、とか思い始めながらの質問。
他人には、洋装のが似合うとよく言われるけど、個人的には和装も好き。

はい我が彼氏の答え。
言うまでもなく、模範解答ね。

あ〜〜これは難しいね。

かなこは、歴史とか古いものとか好きだし、大切に重んじるじゃん。
そういう意味では、和装。

でも、新しいものを取り入れよう、とか。
自分にとって良いものをどんどん吸収しようっていう部分は、洋装。

古き良きを大切にしながら、新しいものも取り入れていく。
だから洋装も和装も、両方取り入れてるよね。

はい天才。
これだから私の王子様は。

私って、金髪?黒髪?

ラスト。第五問。

私って、金髪っぽい?黒髪っぽい?

リアルな私は、ド金髪です。
そんな中こんな質問すんなよって感じですが。
私は黒髪も大好きなんですよね。

はい、ここでも王子様。

これは洋装・和装と近い部分あるね〜。
どちらでもある。
でも俺は黒髪であることを推したいかなー。金髪のかなこは、今の自分を表現している。
今の自分にとっての最適を選んでいる。

でも、かなこはそもそもが美しいから、綺麗だから。
黒髪で、ありのままのかなこも、俺はとても素敵だと思う。

僕は君を愛している

えー冒頭でご説明したとおり。
今回のテーマは「メンヘラによる2択質問には、どう答えるべきなのか。」です。

結論を述べましょう。

どんな君でも、僕は愛しているよ。

全ての解答に、この文脈が含まれていたら、それはもう全部正解です。
とにかく全肯定されたらもうそれだけで幸せです。

貴方の彼女の「メンヘラ要素」と向き合って?

ふざけた文体で書いてきたけれど、この記事で言いたいことを最後に書いておくと。

「メンヘラ」という言葉で一区切りにされる女の子の中にも、色んな子が居て。
※メンヘラの対象は女の子に限らないけれど、ここではメンヘラ女子に軸を置くね

色んな悩みを持っている子も居る。
それぞれ、一人ひとりが、苦しみを抱えている。

それを、「メンヘラだから」という言葉で片付けて欲しくはない。

メンヘラと呼ばれる女の子の中には、一体何があるんだろう。
彼女がメンヘラと呼ばれるのは、どうしてなんだろう。

その根本的な部分を知ろうとする姿勢があったら、

彼女がメンヘラだから別れたい

なんていう言葉は、決して簡単に発することは出来ないと思う。

「メンヘラ」という言葉に逃げることなく、彼女と向き合った結果「離れる」という選択をして欲しい。

どんな彼女とも向き合う覚悟があるのなら。

一緒に向き合ってあげて。
彼女のどんな部分も、愛してあげて。

そして言葉を、たくさん伝えあってください。

彼女はメンヘラなんかじゃない。
彼女は、「彼女」だから。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

久保佳奈子
久保佳奈子
1994年生まれのライター・エッセイスト。不安障害/うつの経験から、生と向き合うようになりました。健やかに生きるための方法や、メンタリティについてをメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする