2019.01.26

出会ってしまってごめんなさい。出会ってくれてありがとう。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

貴方は私と出会ってしまった。私は貴方に出会えた。いつか笑いながら胸張って、「私と出会えて良かったね」と言えるその時まで。

貴方と、出会った。

二十数年前。
私は、この世界に生まれた。

貴方は私より少し早く、この世界に生まれた。

二人とも、生まれたのはもう随分前のこと。
お互いにそれぞれの人生を生きてきた。

同じ地球上の、
同じ日本という国の中の、
まったく知らないところで、
二人とも生きていた。

私たちは、生まれて暫く経ってから、出会った。

この出会いは、奇跡なのかしら。
運命なのかしら。

そんなの知らない。

ただ、私と貴方は、出会った。

私に出会う前の貴方

私に出会う前の貴方を、私は知らない。

どんなに貴方の過去を聞いたって、私が知りたがったって、出会っていない頃の事を知ることは出来ない。

貴方は、私に出会うまで、どんな風に生きていたのかな。

もしかしたら、
もっと笑っていたのかな。
もっと楽しかったのかな。
もっと自由だったのかな。

いくら想像しても、私には分からない。
私が知っているのは、今の貴方だけだから。

私と出会った貴方

貴方は、私と出会った。

私と出会って、どんな気分だった?
私という人間と、お互いを深く知り合って、どんな気持ち?
これまで居なかった貴方は登場した?

私は貴方にとっての、何かになれた?

貴方と出会った私

私は、貴方と出会った。

貴方と出会って、私は笑顔がとっても増えたよ。

毎日の中に、日常的に笑いがある生活が、輝いていて。
当たり前ではないことを知っているからこそ、当たり前にある日々が、かけがえがなくて。

貴方と出会って、私は泣き虫になったよ。

ああ、私って、こんなに笑えたんだっけ。
そんな気持ちが溢れてきて、笑顔と一緒に、涙も出ちゃうの。

貴方がくれる優しさが、暖かくて、私はその温もりの中で情けないくらいに泣いてしまう。

貴方と出会って、私はとても、幸せだよ。

出会ってしまって、ごめんなさい。

幸せだと思う一方で、私は貴方に謝りたくもなるの。

私と出会うことがなければ。

貴方に苦しい思いをさせることは無かったかもしれない。
貴方は私よりも素敵な女性と共に生きていたかもしれない。

私の存在しない世界で、ただ笑って生きていたかもしれない。

私と出会うことさえ無ければ。

出会ってしまって、ごめんなさい。

出会ってくれて、ありがとう。

貴方は私に伝えてくれる。

「出会えて良かった」、と。

本当に?
私と出会ってしまって、辛いでしょう?
貴方の人生は大きく狂ったでしょう?

私には、「出会えて良かった」と言う勇気も力も、まだないの。

私の人生にとっては、貴方と出会えて良かったけれど。
貴方にとっては、どうなのかしら。

そんなことを考えて、弱い気持ちになってばかり。

だから、いつか私が胸を張れる時まで。
「貴方は私と出会えて良かったね」なんて、笑って言えるようになるまで。

ただひたすらに、私は貴方に伝え続ける。

出会ってくれて、ありがとう。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする