2019.01.21

私たちは、キャバ嬢と風俗嬢に救われている。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私には無関係の世界だと思っていた、性産業。そんな仕事をされている方に、私の生活は守られていた。

風俗なんて行かないで

愛する彼氏に。
愛する旦那に。

キャバクラなんて行かないでほしい。
風俗なんて行かないでほしい。

そういう考えを抱く女性は、とても多いだろう。
間違いなくマジョリティ。

私も、そう思う。
行ってほしくない。
私だけを愛してほしい。

それだけにとどまらない。

キャバ嬢なんて、ロクな職業じゃない。
風俗嬢なんて、落ちぶれた人がなるもの。

性産業に従事する人に対する偏見さえ抱いていた。

でも、大学生だった頃。
そんな考えを疑うようになる授業を受けた。

女性は「女」を売る

私は大学で、歴史を学んでいた。
日本の近現代史、つまり明治時代以降について。
女子大だったこともあって、ジェンダーに関する内容に触れることも多かった。

ある日のゼミの授業で、大正時代の娼婦の生き様が描かれた映画を見た。

「娼婦」とは、自分の体を売ることを職業としていた女性のこと。

そこに描かれていた娼婦たちの生活は、私の想像を絶するものだった。

旦那に先立たれ、子供を育てるために、自分の体を売る女性。
貧困から抜け出す為の手段として、自分の体を売る女性。

そんな女性たちをまるで「モノ」として扱う、店のオーナー。

彼女たちは、決して望んで自分の体を売ってなんていなかった。

生きるために。
命を続けるために。
誰かの為に。
明日の為に。

体を売らないと、生きていけないから。
体を売らないと、食べていけないから。

なんて悲しいことだろう。
なんて可哀想に。

私はまるで他人事のように、そんな感想を抱いた。

安心して夜道を歩ける世界。

その映画を見たあとに、教授は言った。

これ、現代にも通じるよね。
キャバクラや、風俗。
あとは、AV女優さん、とか。

そういうお仕事をされている方の、
一体どれだけの方が、「女を売る」ことを望んでいるのかな?

彼女たちが「女を売る」ことを辞めたら、私たちにはどんな生活がやって来るかな?

ゾッとした。
瞬時にその言葉の答えが分かった。

現代にも、「女を売る」ことを「生きる為に」している人が居る。
やりたくて、やっているわけじゃない人も居る。

さらに、私はそんな女性たちに、一種救われている人間だ。

彼女たちがお金のために女を売ることをやめたら。

世の男性は、性を発散する場所を失う。
お金で解決する場所を失う。
法律の許す範囲内で、自分の欲を満たす場所を失う。

欲を発散する場所を失った男性はどうすればいいんだろうか?

道端で良いと思った女性を襲うのか。
許可もなく無理矢理事に及ぶのか。

そんな世界、安心して外を歩くことも出来ない。
夜道なんて、もってのほか。

そう。

私には無関係の世界だと思っていた、キャバ嬢や、風俗嬢。

そんな仕事をされている方に、私の生活は、ある種守られていた。

女にだけ設けられてしまった「セーフティーネット」

教授は、加えてこんなことも言っていた。

これはね、女性だけに出来てしまった「セーフティーネット」とも言えるんだよね。

女性は、生きるために、「体を売る」という手段が出来てしまった。

結果的にその世界に埋もれてしまって、そこから抜け出せない人も居る。

セーフティーネットとは言っても、けっして肯定できるものでもないよね。
もしかしたら、不幸なセーフティーネットなのかもしれないね。

ああ、なんてこと。

体を売ることがセーフティーネットだなんて。

自分の意志を持って、体を職業にされている方を否定するわけではない。

でも、それを「生きるために」「仕方なく」やっている人も居るんだ。

それが、長い長い期間。
平成という今の時代になってもなお。
終わる気配すらないんだ。

女性はどうあるべき?

かと言って、女性が体を売ることを正当化すべきでもない。

私は大学でこの授業を受けて、性産業の難しさと従事する女性への感謝を覚えるようになった。

今も、何が正解なのかも分からない。
簡単に「風俗をなくせ」「AVなんて廃止しろ」なんて言えない。

でも、女性には女性としての、尊厳もある。

とても根深い。

根深いからこそ、私たちはこういう事実に目を向けるべきなんだ。

今の私には何が出来るのか、正直分からない。
でも、こんな考え方があることも、知ってほしい。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする