2019.01.19

「いつも誰かのせい」メンヘラの正当化

Ayano

Ayano

いつも誰かのせいにしてきた。でも、本当は全部自分がいけないなんてわかってる。メンヘラの正当化。

正当化するのやめませんか?

私たちは自分のエゴを押し付けるために、自分の行動を勝手に正当化する癖があります。

「メンヘラだからしょうがないじゃん」とか、「〇〇だからしょうがないじゃん」とか、「できないものは私のせいじゃない」とか、「親のせい」「友達のせい」「元彼のせい」とか…

全て他人やもののせいにしてしまう。

自分の性格は、この性格を作った過去の男や親のせい。

いや、本当は変われない自分のせい。

変われないことも誰かのせいにする。

「今の私には無理だから」と勝手に決めつける。

これがよくないことだってわかってる。

みんなわかってるだけで、行動することは難しい。

肯定されていたい。

否定は怖い。

愛されていたい。

嫌われたくない。

でも、頑張ることはもっとしたくない。

メンヘラの正当化

自分がメンヘラでいることを正当化しすぎ。

例えば、

他の女に彼氏を取られたくなくて束縛してるのに「あなたが酔い潰れてるんじゃないか心配だから連絡してるの!」って何度も電話かける行為を正当化する。

コミュ障で会話が苦手だから、ぶっきらぼうにしていても「いじめられるのが怖いから、人と関わらない」と勝手に避けていく行為を正当化する。

自分がわがままで変われないことを「今の私には無理だし、それを頑張らなきゃいけないくらいなら関わらないでくれていい」と、自分が頑張らない環境を正当化する。

この行為を繰り返すことによって作られる『逃げグセ』『自分の殻に閉じこもりグセ』

でも仕方ないよね?

他人が悪いんだもん。

自分は何も悪くないもんね?

自分が変われないのは環境や周りの人間のせいだもんね?

そこから抜け出そうとしないのも、自分がそこにいることによって楽だからだもんね?

頑張らないのも、自分が悪いわけじゃないから、他人が自分に合わせてくればいいんだもんね?

それ、いつまでやるつもり?

生きやすい世の中は自分が作る

「よし!変わるぞ!」と思って変われないのはわかっている。

私もそうだった。

前に記事も書いたけど、変わろうと思ったことは100万回くらいある。

でも、どれもうまくいかなかった。

人は追い込まれて追い込まれて、変わるしかない状況になるまで変われないのかもしれない。

でも、自分が楽してるだけで、たくさんのことから逃げてるくせに「この世の中はおかしい」「なんで私ばっかりこんなに辛いの?」って、それはズルすぎる。

自分が一番わかってるはず。

自分が一番、生きやすい人生にする方法をわかってるはず。

なんでも貰う側、与えられる側でいる状態では、変わるに変われない。

本当に辛いなら、今すぐそこから抜け出して、不格好でもいいから自分の足で逃げてみないと、何も変わらない。

人は変わってくれない。

自分が変わることでしか、世の中は変わらない。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする