2019.01.18

ねぇ、喧嘩をしようよ。

Ayano

Ayano

言いたいことを言えない日々の中で生きてきた。怖かった。面倒だった。でも、喧嘩をしてみたいよ。

ねぇ、喧嘩をしようよ。

今までの恋も人間関係も、自分の思いを全てぶつけることはできなかった。

すぐ自分の殻に閉じこもって「もういい」って終わらせてきた。

だから言い合いの喧嘩をしたりとか、自分の思いをぶつけることがとても困難に感じていた。

ねぇ、喧嘩をしようよ。

ねぇ、言い合いをしようよ。

ねぇ、物を投げ合おうよ。

ねぇ、自分の思い全てぶつけさせてよ。

ねぇ、あなたの思いを全てぶつけてよ。

本気で喧嘩して、たくさん揉めて、だからこそ生まれる友情とか愛情とか、感じてみたいよ。

お互いがよりよく生きていくために喧嘩を避けたり、面倒なことから避けたくて言葉を発することをやめたりするのは、本当に正しいのか不安になってきた。

全然わからないや。

もっと本気でぶつかり合ってみたいや。

内向的な性格

内向的な性格は、思っていても言えないだけじゃない。

嫌われるのが怖かったり、避けられるのが怖くて言えなかったりする。

ずっと好かれていたいし、愛されていたいから、相手の逆鱗には触れないように生きてきた。

意識的にそうしてきたわけではない。

無意識に全部から逃げてきたの。

この性格で生きづらさを感じたことは何度もあった。

言葉はキャッチボールするためにあるから、投げつけるような真似はしちゃいけないと思っていた。

ボールだって下から投げた方が相手は受け取りやすいでしょ?

優しく緩やかなカーブを描いて、相手を傷つけることなく飛んでいくでしょ?

それがコミュニケーションにおいて一番大切だと思っていた。

でもいつも言われてた。

「本当はどう思ってるの?」

「言いたいことはそれが全てじゃないでしょ?」

「なんで話してくれないの?」

「なんでぶつかってくれないの?」

って。

怖いからだよ。

全部全部、自分が傷つきたくないから逃げてるだけだよ。

でも、そのせいで自分の感情のぶつけ方がわからないまま大人になった。

だから今も言いたいことを全て言うことはできないし、自分の感情のやり場に困って自分の殻に閉じこもった。

とてつもなく生きづらかった。

感情のぶつけ方

自分の思ってることを適度に吐ける人間は、吐けない人間に比べて何倍も生きやすそうに見えた。

自分もそうなりたいと何度も思った。

そこで始めたのは一つだけ。

言いたいことが言える仲の人間を一人置いておくこと。

みんなに本音をぶつけることは難しいのわかってる。

だから悪口とかストレスとか悲しいこと辛かったこと、嫌だったこと。

それら全部を話せる相手を身近なところに置いておくこと。

その人に嫌われない自信があれば、内向的な性格の人だって自分の思いを話すことができる。

私はまず、そんな仲の友人を作った。

そのおかげで自分の思いを他の人にも吐きやすくなった。

「これ言ったら嫌われるかな?」と思っても、「このくらいで嫌いになるんだったら、そもそも友達じゃないし、私のこと好きじゃないからいいや。」って思うようになった。

一人失ったら、自然と一人現れるから。

大丈夫。

ねぇ、喧嘩をしてみようよ。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする