2019.01.18

愛のあるセックスなんていつからしてないんだろう。

Ayano

Ayano

「セックスは一番の愛情表現だ」と言った彼氏がいた。でも、なんでだろう。最近、愛のあるセックスをしてないな。

愛のあるセックスなんて

名字を知らない男とも寝た。

明日には他人になる男とも寝た。

奥さんに飽きて抱かれたこともある。

他の女の代わりに抱かれたこともある。

他の女を思い、泣きながら抱かれたこともある。

最中に他の女の名前を呼ばれたこともある。

いろんな男がいるものなのだと、よくわかった。

たくさんの男の代わりをさせたし、たくさんの女の代わりをした。

そろそろ、愛のあるセックスがしたい。

体を重ねて、欲求を満たし合うだけじゃなくて、

もっと本質的な愛を確かめる行為としてセックスがしたい。

「この人は私が好きなんだ」って思えるような、そんな行為はいつからしてないんだろう。

前の彼と別れたときかな。

それとも、もっと前からかな。

もう分からなくて

愛とか、恋とかよく分からないけど、不純な気持ちで愛すことはもうしたくない。

奥さんがいてもいいやとか、暴力を振るわれても愛されてるならいいとか、浮気されても私のものだからいいやとか。

そんな恋愛はもう二度としたくない。

そういう恋に限って頭から離れないし、思い出としてではなく未練として残ってしまいやすい。

「私のこと、もう忘れたのかな。」なんて思いたくなくて、何も思われないくらいなら痛い傷残してやりたいとも思った。

記憶に残らない元カノにはなりたくないと思って取った行動は全て、彼を苦しめていただけだと、今になって思う。

そのくらい狂愛と呼ばれるような狂った愛に溺れて、狂った恋ばかりした。

投げ捨てた彼の携帯には知らない女の名前が並んでいたり。

家に帰ったら他の女を抱いてる彼に遭遇したり。

彼の周りを取り巻く女たちが揉めていたり。

そんなのもういらない。

きっとセックスだって、こっちに愛があってあっちにも愛があると錯覚していただけで、一方的な押し付ける愛の重さに相手は耐えられなかったんだろう。

本気で愛したいだけなんだ。

本気で恋をすることが大切だと私はずっと思っていた。

でも、そのせいで相手を苦しめていたなんて、あの頃は一瞬も気づけなかった。

もう一度、本気で恋をしてみたい。

本気で愛してみたい。

その人の感性も、その人の人柄も、全部全部おかしくなるほど愛してみたい。

小さな愛じゃ足りないし、毎日「愛してる」と伝えてくれなきゃわからないし、殺したくなるくらい心中したいくらい愛したい。

飽きるほど愛をぶつけ合ってみたい。

他の男なんて空気にしか見えてなくて、その人しか視界には写らないような恋がまたできたら、きっと人生は狂うけど、そんな恋がいい。

自分ばっかり愛したり、相手にばっかり愛されたりする恋になんてもう見向きもできなくて。

自己中なのはわかっているけれど、「ちょっと好き」くらいの方がうまくいくなんてまだ信じたくない。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする