2019.01.17

「綺麗になったね」なんて簡単に言わないで

Ayano

Ayano

あなたをもう二度と男として見たくないの。だからお願い。女として見ないで。

一緒に過ごして来た日々は

友人から恋人になって、また友人に戻って。

そんな恋愛は初めてだった。

一度でも本気で愛してしまった人と友人に戻るなんて考えられなかったし、そのような考え方の人は多いと思う。

今まで一緒に過ごして来た期間。

恋人同士として愛し合って、毎日「好きだよ」を繰り返して、何人目なんだろうと思いながら抱かれて、たくさんのキスをしてきた。

そんな相手と友人に戻るなんて、あの頃は一ミリも想像してなかった。

今でもとても不思議な気持ち。

もう恋心が芽生えることは一生ないし、手を繋いだ時のドキドキとか、見つめ合うだけで照れてしまうとか。

そんなのはもう、この人とは今後一生ないだろう。

でも、愛し合ったという過去は変わらないし、一緒に過ごして来た日々は確かにそこにあった。

思い出として、胸に閉まった。

もう開くことのない扉にちゃんと閉まって、鍵を閉めてその鍵を飲み込んで開かないようにした。

きっと愛の形はそれぞれで

きっと愛の形は様々あって、恋人同士だけが愛し合う生き物ではないのだと、最近よく感じる。

家族だって恋心はないが、とても愛している。

愛犬には、無償の愛を捧げている。

でも友人に関しては、好きだと思うことや大切だと思うことがあっても、愛しているという感情に辿り着くことは今までなかった。

でも、そんな感情を初めて持った。

恋人同士とは違う。

全然違う愛の形。

恋することは一生ないけど、愛している。

恋することは一生ないけど、とてもとても大切。

きっとその辺の女が彼を傷つけたら、発狂しながらキレるだろう。

きっとその辺の女が彼を泣かせたら、殴りかかるだろう。

確かにあるこの愛は、行き場を無くして困っているよ。

いつも会っては、たくさん笑って、たくさん相談して、たくさん泣いて、感情を揺さぶられすぎている。

「これ以上、笑わせてくれる男性に出会えるのかな?」なんて不安になる程、捩れたお腹を抱えながら笑っている。

だからお願い。「綺麗になったね」なんて言わないで。

私の顔を見つめて簡単に「綺麗になったね」なんて言わないで。

しょっちゅう会ってるじゃない。

変化はきっとどんな男性より近くで見ているじゃない。

いきなりそんなこと言わないで。

お前のせいで、誰と出会っても、他の人に「好きだ」「綺麗だ」「可愛い」「付き合ってほしい」なんて言われても、なんとも思わない体になった。

心はもう、お前の言葉以外で満たせなくなってんだよ。

そうやってまた私の心を揺さぶりすぎないでほしい。

感傷的になって夜中に考えてしまうじゃない。

「あの時、別れると反対の選択をしていたら、今私はどうなっていたんだろう」って。

選んだ道に後悔はない。

今はとても幸せだ。

でも、恋人としての愛情ではなく、友人としての愛情に変わった今、男として意識させないでほしいと強く願う。

元カレや好きだった人は、簡単に、そしてとても気安く柔らかい言葉をかけてくる。

でもその柔らかい言葉は時に鋭利な刃物になって女の子の心を刺していく。

これが幸せなのか否かは、私たちにはまだ判断できそうにないや。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする