2019.01.15

生きることに必死だったので、今やっと『生きること』を知りました。

Ayano

Ayano

呼吸をすることに必死だった。酸素が薄いと感じたことは何度もある。今やっと『生きること』を知りました。

生きることにしがみついてた。

生きることって簡単じゃないなと。

それは何度も言ってきたし、これからも何度も口にすると思う。

だって、本当に難しいことだから。

生きることも、死ぬことも。

どっちも難しい。

でも、死ねなかったってことは、死ぬことの方が私とっては難しかったみたい。

生きることに必死になって、生きることにしがみついて、なんとかして息継ぎし続けた。

呼吸って難しいの。

すぐ過呼吸になって息ができなくなって、頭に酸素が回らなくなって倒れる。

生きるってすごく大変だった。

病名つけられて片付けられたけど、薬一つで治るものでもなくて、それがどれだけ苦しかったか。

毎月毎月、小一時間くらい話をして最後に薬をもらう。

「辛くなったらいつでもおいで」その言葉を添えて。

本当に辛い時は立つこともできなければ、ベッドが私を離してくれないから、本当に辛い時は電話対応して欲しかった。

そんな辛い思いしてまで、私は生きることにしがみついた。

期待、できてたから。

生きることと生かされること

今までの人生は、生きてるというより、生かされているという表現がよく似合う。

私が私として生きているのではなく、私はこの世界に生きてる人に支えられて生かされていた。

とにかく生きているという感覚ではなかった。

生きることは苦しかった。

だから、生かされていると思えば楽だった。

そんな生活で楽しみとか、喜びとか生み出すことが難しかった。

スレた生活してたし、親不孝だったし、人を大切にしてこなかった。

でも、だからこそ、生きることの意味を知った今は、人を大切にし、直接的に感情を伝えられる言葉を一番大切にしている。

そんな今の生活はなんとなく気に入っている。

意味わからないくらい楽しいわけじゃない。

それでも毎日好きなパン屋さんに出かけるような気持ちで生きてる。

「生きる意味」は求めない。

でも「生きる」という言葉の意味は求めた。

だから、生きるという概念の価値を知ることができた。

この世界で少しだけ、愛することや苦しむこと、悲しむことや、恋すること、大切にすることや雑に扱うことも覚えた。

まだまだ知りたいことはたくさんある。

たくさんの概念の意味を知り、愛していきたい。

まだ、何かを求めてる。

「生きる」という最大の課題であったこの概念の意味を知り、生きることの意味を手に入れた私は、まだ様々なものの意味を求めてる。

次は、愛だろうか。

本当の愛とは、なんなんだ。

嫉妬はいけないことか?

束縛はいけないことか?

愛はそれを超越しているというが、そんな愛は誰が教えてくれるのだろうか。

待っているだけでは知ることができないのだろうか。

無償の愛とは何か。

歪んだ愛も、また愛だから。

愛とは、どんな概念なのか。

心が揺さぶられてしまって仕方ない。

シャワールームに閉じこもって今までの汚れを全て落としたら、本当の愛に出会えるだろうか。

名前も知らない男と寝たり、

先週寝たばかりの男を今日はもう忘れていたり、

身体の無駄使いをやめたら、本当の愛に出会えるだろうか。

私が知りたいのは本当に愛なのか。

生きていると様々な概念に出会う。

その度にたくさん悩んでみたい。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする