2019.01.14

貴方と私。二人だけの、ココロの距離。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

物理的な距離なんて結局関係ないの。大切なのは、心と心の距離だから。

貴方との距離は何センチ?

私の隣に、貴方が居る。

なぜだろう。
一緒に居るのに、とても遠くに感じる。

貴方と私は、遠く離れた場所に居る。

なぜだろう。
離れているのに、とても近くに貴方を感じる。

嗚呼、きっとこれが、恋なのでしょう。

数センチの距離

貴方の瞳に映る自分を見て、私が居ることは確認できたの。

でも、貴方の心の目が、何処にあるのか。
私には、見えない。

ねえ。
今、貴方の目の前に居るのは、私だよ?

見えていますか?
こっちを見て?

数千キロの距離

二人はとても離れた場所に居て。

私が貴方の姿を目にすることは出来ない。
貴方が私を目にすることも、ない。

でも、貴方の心が、私の中に居る。
どんなに寒い日でも、心がホクホク、温かいの。

貴方との距離が何千km、何万km。何億kmあったとしても。

私と貴方は、いつでも一緒に居るような。
きっとそんな感覚は続いていく。

物理的な距離なんて

愛する者同士に、物理的な距離なんて関係ない。

どれだけ近くに居たって、見えないこともある。
どんなに離れていたって、通じる思いもある。

二人にしか分からない距離が、
二人だけの間に存在しているの。

他人に何を言われたって、関係ないの。

私と貴方の、ココロとココロだから。

いつでも貴方の中に

貴方の心が何処に居るのか。

いつもいつも、私の中に居なくたっていいんだ。
たまに散歩したり、お出かけしたり、ゆっくり休んだりしてね。

私もたまにはブラブラと、散歩に出かけるけど。
私が散歩を出来るのは、貴方という帰る場所があるからなの。

帰ってきたら、お互い、こう言おうね。

ただいま。
おかえり
ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする