2019.01.10

どうせ生きるなら

名刺がないと自分語れない人間クソダサい

ぼんちゃ

ぼんちゃ

肩書き大好きマンって、見ているこっちが恥ずかしくなる。

「はじめまして」の名刺交換

社会に出ると毎日のように行われる行為。

その名も、「名刺交換」。

名刺交換をした時、貴方は最初に何を見る?

メールアドレスなんて見ないよね。笑
特別珍しい名前でない限り、名前だって数時間後には忘れることもある。

企業名、役職名。

大抵見るのってこのくらいでしょ。

では、これが会社以外での人とのやり取りだった時。

貴方は自分を、何で語りますか?

学歴マウンティング

まず使われやすいのが、学歴

学歴でしか自分語れない人間って、クッソ魅力ない。

就活の時に、大きい企業が学歴フィルターかけるのは理解できる。
母数が多すぎるから、判断軸の一つとして学歴を設けるのは理にかなってるよね。
効率良くなるし。

でも、それを個人でやってる人って、クッソダサい。

事あるごとに、

「うちの大学は〜」
「うちの母校に悪い人居ないからさ」
「○○大飲みしようぜ!」

みたいなね。

正直、

「自分を形成する要素として、大学名をひけらかすことしかできないんだな…可哀想に…」

としか思えない。

やってる人の否定をする気はないんだけど、本当にクソダサいから、当てはまる人はすぐにやめることをオススメしておきますね。

職歴マウンティング

そして、学歴と同じくらい使われやすいもの。
それが職歴

今所属している企業のみならず、前職以前のものもね。

「元々○○に居て、そこから□□に行って、現職に至ります〜」

いやいや、聞いてないんだけど。笑

興味あるのは、貴方という人間がどういう人間かだからさ。

たとえ良い企業に居たとしても、すごいのは会社だから。
貴方の名前ではなく、貴方が所属していた企業名がすごいだけだから。

そこを履き違えると、社名でしか自分を語れなくなっちまうよ。

貴方個人という人間

学歴が凄いのも、職歴が凄いのも、立派なこと。
それは紛れもない事実。

でも、もっと重要なのは、貴方自身が何をもって生きているのかっていうこと。

今、これまでの経歴を全て伏せた状態で、自分を語ることができますか?
自分の過去にすがることなく、自分を語ることができますか?

できないのであれば。
貴方は自分の過去の経歴の頃のまま、何も変わっていないということ。

人間は、常に変化する生き物。
過去の栄光にすがって生きることしか出来ない人間が、次のステージに進むことはできないよ。

過去は過去。
今は今。

今の貴方を、更新していこう。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする