【偽善者】ニセモノでも、善い人。

【偽善者】ニセモノでも、善い人。

偽善は悪いもの?

「偽善」という言葉に、良いイメージを抱く人はあまり居ないでしょう。

私も、偽善なんて所詮は作り上げられた嘘だと思っていた。
でも、ある時友人に言われた言葉が忘れられなくて。

偽善って、必ずしも悪いものではないのかもしれない。

ニセモノでも、善


友人に言われたこと。

偽善者って言うけどさ。

たとえ偽善であっても。
偽物であっても。
「善い人」なんだよ。

自分は偽善者にすらなれないから、偽善者も凄いと思ってる。

偽善者が言うことが、たとえ心からの本音ではなかったとしても。
偽善者の行為が、たとえ人の為ではなく、己の為だったとしても。

表面的には「善い発言」「善い行い」をしているんだ。

害はない。善でしかない。

裏で悪事を働いているタイプの偽善者は、該当しないよ。
いくら表面が良かったとしても、悪事は許されない。

でも、「自分が善い人だと思われたい」という思いで、善い行いをしている人は、
たとえ偽善者だと言われようとも、何も害はない。むしろ、善でしかない。

時に叩かれることもあるだろう。
でも、それは叩かれるようなことではない。
むしろ称賛されることなのかもしれない。

人の為に動く

私たち人間が、「人の為」に何か行動をすることって、とても難しい。

一人ひとり、自分が一番大切で当然だ。
むしろそうあるべき。
自分を大切にした先で、他の人にも良い影響を与えることができるのが、一番。

だって、自分を大切に出来なかったら、自分は苦しいままじゃない?

いくら他人に感謝されたって。
いくら周りに褒められたって。

自分が苦しかったら、貴方の人生が貴方のものではなくなってしまう。

偽善でもいい。自分本位でいい。

「社会の為に」
「苦しんでいる人の為に」
「愛する人の為に」

こんな大義名分も、素敵だよ。
自分では、心の底からそう思って動いているのに、周りから批判をされることもあるかもしれない。

それでも。
たとえ「偽善」だと言われても。
たとえ貴方の自己満足だったとしても。

貴方の人生は貴方のものでしかないのだから、それでいいんだ。

貴方が「社会の為に」したいんだから。
貴方が「苦しんでいる人の為に」したいんだから。
貴方が「愛するひとの為に」したいんだから。

偽善者になることだって、簡単じゃない。

自分のやり方を、貫こう。

どうせ生きるならカテゴリの最新記事