2018.12.22

どうせ生きるなら

弱音は本音

ぼんちゃ

ぼんちゃ

私の弱い言葉には、本当の思いが込められています。本当は、弱いの。

弱い自分をさらけ出す

自分は本当は弱い。

この事実に気が付いたのは、もう随分前のこと。

強いフリして生きてきたけど、本当は弱い自分を沢山並べて何とか壁を作って。
脆い脆い壁を盾にして、人から弱い部分を悟られないように、生きていた。

弱い自分に気付いてから、自分の弱い部分をさらけ出すようになった。
それでもまだまだ、人の前では強がってしまう自分も居る。

強がっているばかりの自分

人前では、

大丈夫です!
全然元気ですよ!
まだまだやれます!

こんな風に言ってしまう。

極力笑顔で居られるように。
相手に嫌な思いをさせないように。

そんなことばかり考えていた。

でも、本当の私はね。

大丈夫なんかじゃない。
元気なんてこれっぽちもない。
今にも倒れそう。

苦しくて、苦しくて、前がどっちか分かりません。

こんな思いに潰されそうになっている。

自分だけじゃない?

貴方にだってこんな瞬間、あるでしょ?

誰だって強がる瞬間はあるんだ。

苦しくて、辛くて、泣きたくて。
そんな思いを、作った笑顔で隠しながら、必死に生きている。

自分だけじゃないからと必死に頑張ろうとする。
もしかすると、それが余計に自分を苦しめているかもしれないのに。

そんな時に、本音を言える相手はとても大事。

本音を伝えたい人に伝えよう

全員に本音で話す必要なんてない。
建前を上手に使った方が、楽な場面もある。

相手は選んでいい。
自分が「この人には本音を言いたい」って思える人には、本音で話してみよう。

分かってもらえるかどうかなんて、分からない。
だって、いくら好きな人だって、信頼している人だって、決して自分ではないから。
人には人それぞれの考えがあるから。

「絶対受け止めてくれる。」

そんな考えは過信だし、幻想。

分かってもらえるかどうかじゃない。
分かって欲しいか、伝わって欲しいかどうか。

自分の弱音さえも伝えたいと思える人に、伝えよう。

人の弱音は、本音

私は、人の弱音に触れられた時に、不思議と嬉しい気持ちになることがある。
人間の弱音は、ほとんどすべてが本音だと思うから。
弱い言葉を、あえて建前で使う状況ってほとんどない。

この人は、私と本音で語ろうとしている。

そう感じるの。

でも、人に対してはそう感じるのに、自分のことを話すとなると、

こんなことを言ったら嫌がられるんじゃないかな…。
嫌われてしまうんじゃないかな…。

そう思ってしまってなかなか弱音を吐けないこともある。

でも、話してみると、そんなに大したことじゃないよって言われることもあったり。
やっぱり伝えてみようとしないことには、何も始まらないんだ。

ちょっとの勇気を持って、弱音を吐いてみよう。
それだけで少しだけ気持ちが軽くなるから。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする