2018.12.14

眠れない夜、貴方はどう過ごす?

ぼんちゃ

ぼんちゃ

夜にしかない光がある。夜も意外と明るかったりする。

夜が怖い

毎日、夜がやって来るのが怖い。

眠れないから。

静かな空間に耐えられなくて。
暗闇に飲み込まれそうになるの。

眠れない夜。
怖くてたまらない夜。

貴方はどうやって過ごす?

当たり前に、眠る。

人間は、毎日眠る。
毎日目覚めるのと同様に、毎日眠る。
眠ることなく生きていける人間はほぼ居ない。

そんな当然の行為なのに、それが上手く出来ない。

頭の中に、様々な不安や悩みが溢れてきてしまう。
考え始めると、もう止まらない。
どんどん頭は冴えてしまって、益々眠れなくなる。

目をつぶっていると暗闇が怖いから、目を開いてみる。

目を開くと、真っ暗な部屋に段々と目が慣れてきて。
薄暗く部屋の様子や天井が見えるようになる。

この部屋に取り残されたような気がして。
世界に取り残されたような気がして。

視界がどんどん広くなって、怖くなっていく。

「夜になったら眠る」

こんな当たり前のことが出来ないの。
どうしてだろう。

疲れているのに眠れない

今日はすごくよく頑張った。
仕事も家事も、頑張った。
とっても疲れた!
早く寝て、ゆっくり休もう。

そう思っていたのに。
夜が更けても、眠れない。

今日あったことを考えてしまって、頭が冴えてしまって。
勝手に脳内で一人反省会が始まる。

あの時、もっと迅速に対応出来たんじゃないか?
あの時、どうしてあんな発言をしてしまったんだろう?
もっと良いやり方があったんじゃないか?

あの人のあの時の反応、明らかに嫌そうだったな。
私の言葉の使い方が良くなかったかな。

そんなの脳内でいくら振り返っても仕方ないのに。
そんなこと分かってるんだけど、考えてしまったらもう最後。

どうにも止まらないの。
自分でも、止め方が分からないの。

疲れてるんだから。
お願いだから、眠らせてよ。
私の脳内、止まってください。

眠っていても、起きていても、疲れる。

眠れなかった日。

朝起きて一番に感じるのは、
「疲れた。」
これに尽きる。

眠れないことにも疲れた。
身体的にも、精神的にも、消耗したまま。

私の身体は電源式になっていて。
夜はコンセントを抜いたらすぐ電源が落ちる。
朝になったら、勝手にスイッチがONになって、また活動しはじめる。

そんな仕様だったらいいのに。
何も考えずに、休めるのに。
次の日も元気に動けるのに。

夜に眠らなくてもいい

私は、朝が好き。

明るい朝日が好き。
日向で温まるのも大好き。
何も考えずに陽の光を浴びるのが大好き。
そんな時間があると、自然と前向きになれる気がするの。

なのに、最近は朝と過ごす時間をあまり取れない。

だったら、いっそのこと。
「夜は寝るもの」という概念そのもの、捨ててしまえばいい。

私たちは、2018年を生きている。

今この時代には、電気だってある。
夜を明るく照らす手段がある。

「暗くなったら眠る」という生活を強いられる必要もないんだ。

朝も夜も、愛してみる。

眠れなくてもいい。
皆が寝ている時間に起きている。
それをこっそり、楽しめばいい。

眠れないものは、眠れないんだから。
そんな自分を否定しなくてもいい。

今を生きている私たちだからこそ、夜を愛することができる。

眠れない夜を経験して、私が知ったこと。

暗闇に居ても、目が慣れたら、薄暗い中で掴めるものがあるということ。

暗いからこそ、たったひとつの光が輝いて見えること。

夜が明ける瞬間の朝日は、美しいということ。

眠れない夜も、愛して生きる。
今日もまた、眠れない夜を越える。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする