ないものねだりなのは、あるものばかりだから

ないものねだりなのは、あるものばかりだから

ないものねだり

背が高くなりたい。

顔が可愛くなりたい。

鼻が高くなりたい。

目が大きくなりたい。

なんて小さいところから、

頭が良くなりたい。

いい大学を出たかった。

大手の会社に入りたかった。

効率よく仕事をしたかった。

あんな彼氏と付き合ってみたかった。

あんな大金持ちになりたい。

そんな風にないものねだりばっかりしてしまって、ないものばかりだからと自分を下に見る癖が着いてしまった。

ないものばかりで、できないことばかり。

「私は私として生まれた限り仕方ないのかもしれない。」

そんな風に悩んだことももちろんあった。

辛かった。

苦しかった。

どうやったら私は優秀になれるんだろう。

どうやったら私は美人になれるんだろう。

今世は無理なのかな…なんて思った。

ないものねだりは時間の無駄

人って自分の今持っているもの以上に自分の持っていないものばかりに目がいく。

あれも欲しい。

これも欲しい。

そんな傲慢ばかりで何も面白くない。

ないものねだりなのは、ないものばかりだから??

いやいや、あるものばかりだからよ。

自分のないものを探ってはダメになっていく。

どんどん悲観的に、そしてどんどん地に落ちていく。

それならいっそ、ないものねだりなんてしなきゃいいのに。

ないものねだりなのはあるものばかりだから

自分の今手にしたものを並べてみて欲しい。

たくさんのものを手に入れて、その都度いらなくなったものを手放しているはず。

自分にしかない武器は、エディットすることで作られていくのに、自分しか持っていない何か一つのものを探そうとする。

そんなの無理よ。

美人なんて腐るほどいる。

芸能人なんて見てると嫌になるくらいいるじゃない?

頭いい人なんて腐るほどいる。

東大生なんて見てると吐き気してくるじゃない?

なら、そんな大それたものを手に入れようとするより、あるものを最大限に活かす努力から始めなきゃ。

あなたにしかない武器?

それは、あなたが積み重ねてきた人生から作られていくもの。

どうせ生きるならカテゴリの最新記事