私たちが見つめる先。「DariaMeはメディアを辞めます。」

私たちが見つめる先。「DariaMeはメディアを辞めます。」

DariaMeはメディアでした。

これまで、DariaMeについてや、経営について、ライティングについてなど、ビジネスのお話は全てnoteに執筆してきました。

ですが、今回は、DariaMeでありのままを書いてみようと思います。

いつだってDariaMeはDariaMeだから。

様々な決意と、固まった気持ち。

本心はいつだって変わらない。

だからこそ、DariaMeは生きている。

いつだって今までのメディアでは見たことないような生きている感覚を届けて生きたい。

生々しい媒体であり続けたい。

「メディアを辞めます。」

見せたい世界がたくさんある。

見せたい未来がたくさんある。

もうつまらなくなっちゃったの。

このまま永遠に記事を投稿し続けるだけで誰が見てくれる?

ここからユーザーが増えたら半永久的に愛される?

いいえ。そんなの面白くないわ。

だから、メディアと名乗るの辞めます。

「メンヘラ向けメディア」

「悩める20代向けメディア」

「読み出したら止まらなくなるメディア」

そんな風に言われてきたけれど、いつも最後に『メディア』と付くのが嫌だった。

どうしても嫌だった。

何かの型にはまるの嫌い。超絶嫌いだから。

もうメディアだけに止まるの飽きちゃった。

「しばらくはこのまま記事を載せていって、認知度をあげて〜」なんてこと考えてたけど、次が見えたから。

まだ構想段階。

まだ企画をあげ続けてるだけ。

でも、これ全部やったら超楽しいって気づいちゃって…

「DariaMeはメディアを辞めます。」

企画としてあげているもの全てやります。

このDariaMeというプラットホームをフル活用して、全てやりたいと思います。

だからメディアを辞めます。

これからも記事は載せ続けます。

なので、記事は一つのコンテンツとして、これからも愛してください。

準備段階なので、もう少しこのまま続きます。

でも、「メディアを辞める。」という報告だけしておきたかったのです。

DariaMeは会社だけど、会社じゃないから。

いつだってユーザーの意見が一番大切だから。

みんなの意見と一緒に進んでいきたい。

みんなが描く理想のDariaMeであり続けたい。

今まで、メディアとして愛してくれてありがとう。

もっと面白いことを始めるから、ずっと楽しみに待っていてほしい。

どうせ生きるならカテゴリの最新記事