さよならの代わりに…

さよならの代わりに…

「さよなら」くらい私に

もう終わりなんだって思う恋。

始まってもいないのに諦める恋。

彼氏との別れを決意した恋。

全部全部、自分の中で勝手に処理してしまって、相手の声なんて聞こえない。

「もう終わりなんだろうな」って…

そんな決意をした時、女は一番強くて一番弱くて一番儚い生き物に変わる。

最後の「さよなら」くらい私に言わせてほしい。

最後の「バイバイ」は私に言わせてほしい。

せめて、それくらいのわがままは聞いてほしい。

身勝手に始まる恋は、身勝手に終わっていくし、どう頑張っても思いやることができないんだと気づかせてくれる。

「さよなら」は私の口から言いたい。

私が自分の手で全部終わらせたい。

恋にはいつも結末がある

恋にはいつも結末がある。

「さよなら」で終わる恋。

浮気されて終わる恋。

諦めて終わる恋。

愛に変わって終わる恋。

身勝手に終わらせる恋。

相手本位で終わりを迎える恋。

全部全部、恋には結末があると教えてくれた。

ドキドキしなくなって、一緒にいる時間が退屈になって、そばにいたいと思わなくなる。

会いたいと思うことが減って、一緒にいる時間が疲れてしまって、このまま一緒にいても何も変わらないことを教えてくれる。

女は恋の終わりに気づいた時、自分でも驚くような大胆な行動に出る。

大好きだった人の手を簡単に離す。

簡単に「さよなら」を告げることができる。

自分の中でもわからない。

あとあと後悔することだってある。

でも、恋の結末は恐れても恐れなくても訪れるから。

さよならの代わりに…

さよならの代わりに、絶対私のことを忘れなくなるようなことをしたいと思ったことがある。

あなたと付き合ってきた全ての女とは違う。

その中の一員になりたくない。

そう思ったことがある。

でも私にはそんなことする気力も体力も、残されていなかった。

次に行きたかった。

早く次の恋をしたかった。

全部全部忘れてしまいたくて仕方なかったんだと思う。

さよならの代わりにキスでもしてやればよかった。

さよならの代わりにあなたの寝顔にキスを落としてくればよかった。

勝手に部屋から消えるだけじゃダメだった。

何度も何度も電話がかかってきて、何通も何通もLINEがきていて、見るたびに辛くなった。

でも、未練なんて残したくなかった。

時間が経てばこの携帯にあなたの名前から電話がかかってくることもなくなる。

時間が経てばあなたはどんどん私を忘れていく。

そう思うと辛くて仕方なかった。

湿度の高い恋は心に湿り気だけを残して、甘い誘惑なんて一つもなくて、触れたら熱くて火傷しそうになる。

もう二度と会うことはないから、

さよならの代わりにキスを落としてくればよかったわ。

恋の一方通行カテゴリの最新記事