今までの言葉は全部なんだったの??

今までの言葉は全部なんだったの??

彼との時間は最高に幸せだった。

彼は仕事がとても忙しい人だった。

だからLINEも電話もなかなかできなかった。

それでも私は彼のことが好きでたまらなくて、連絡をずっと待っていた。

彼が時々くれる連絡が私にとっては内心飛び上がるくらい嬉しくて、携帯の画面に表示されている彼の名前を見て自然に笑顔がこぼれる。

本当に好きで好きでどうしようもなかった。

電話は毎回とても楽しくて気づけば何時間も話していることもあった。

声を聞いてるだけで落ち着く。

声から感じる温もり。

全てが心から大好きだった。

でも、こんなに好きなのに全然会うことができず時間だけが過ぎていく。

会えない原因は彼の仕事が忙しくてなかなか時間が合わなかったから。

そんな中、彼からLINEがくる。

「はやく会いたいよ。」

画面に写し出された文字を見ながら嬉しい気持ちになりつつ、その反面切なさも沸き上がる。

私は彼にとって都合いい女なのかな??

と心のどこかで思いながらも何度か連絡をやり取りをして会えることが決まった時には本当に嬉しくてドキドキした。

もちろん会った時は楽しくて終始笑顔の私。

それはそれは幸せで忘れることのできない時間となった。

いっそのこと嫌いになれたらいいのにな。

私と一緒にいるときや電話している時に彼から言われた言葉がある。

「一緒にいると落ち着くよ。」

「電話もLINEも本当に楽しいよ。」

「○○ちゃん(自分の名前)と一緒に今度、あのお店に行きたいな。」

この言葉を聞いて私は嬉しい気持ちが溢れ出した。

時には彼から不在着信が入っていることもあったり、声を聞きたいからと電話をせがまれたこともある。

だからこそ彼の言動に対して勘違いしていたのかもしれない。

彼も私のことが好きなんだなって。

こんなにたくさん私のことを求めてくれてるんだから、彼もきっと私のことが好きに違いないと思っていた。

だから私は彼にたくさん「好き。」と伝えた。

どれほど言っても足りなかったけど、ありったけの好きを伝えた。

私からの言葉に彼は「嬉しいよ。ありがとう。」とだけ返してくれる。

今思えば 「俺も好きだよ。」と言ってくれたことが一度もなかった。

私との電話やLINEは楽しいし落ち着くと言ってくれたけど、それは好きという感情とは違うものなのだと次第に気付き始めた。

都合のいい女だったのかな?って。

好きじゃないなら思わせぶりな行動なんてやめてほしい。

大好きが溢れて止まらなくなるから。

本当に傷つくだけだから!!

好きな気持ち、無理に忘れなくてもいい。

気になる男性からの好意的な態度や言葉には勘違いしてしまう。

私は大好きになっちゃったから。

でも好きな気持ちはどうすることもできない。

なかなか忘れることもできない。

辛くて苦しいけど好きという気持ちは簡単には消えない。

だから思った。

時間が過ぎて気持ちが整理できるまでは好きなままでいても構わないのだと。

恋の一方通行カテゴリの最新記事