疲れてる時に会いたくなるのが本当の恋

疲れてる時に会いたくなるのが本当の恋

ドキドキだけじゃない

好きってドキドキするとか、キュンとするとか、それだけじゃない。

私たちは勝手にドキドキする相手といることが恋だと思ってしまう。

錯覚にすぎない。

もちろん、ドキドキすることやニヤケてしまうほど照れてしまうのも恋だけど、好きはそれだけじゃない。

今までは恋に恋してただけ。

本当の好きはそれだけじゃない。

1人で寝てる時に横にいてほしいと思うのも恋。

悲しい時があった時抱きしめてほしいと思うのも恋。

嬉しい時に共有したいと思うのも恋。

全部、全部、恋。

でも、疲れてる時に会いたくなるのが本当の恋なんじゃないかと思った。

よれた顔も見せられる

すっぴんも見せられる。

疲れて目が開いてない顔も見せられる。

疲れてだらけてる姿も見せられる。

そんな相手が本当に好きなんだなと思った。

今はまだ、恋したてだから綺麗なメイクに綺麗な髪型に可愛い服装で会いたいと思うよ。

でも、疲れた時「ふと」頭の中に彼が出てきて。

「会いたいな…」とどことなく思う。

「疲れてるから会えない。」じゃなくて

「疲れてるから会いたい」

少しでも元気になるために彼の顔が見たいと思う。

彼の声が聞きたいと思う。

彼と一緒にいたいと思う。

あぁ、彼が抱きしめてくれたらそれだけで全部吹っ飛ぶんだろうなって思ったりする。

それが、恋なんじゃないかと思った。

本当の恋

本当の恋はなに?

わからないけど、ただ「彼氏欲しいー」とか「恋したいー」って言ってた時とは違う。

初めての彼から最後の彼まで、半年以上空いたことがなくて。

今回初めて半年彼氏いなくて、「これは恋かもしれない」とか「この人好きかも」とか何人かに対して思った。

告白された時に「付き合っちゃおうかな…」なんてこと思ったりもした。

でも、本当の好きじゃないことはわかってた。

本当の恋。本当の好き。

やっと久々に恋ができたみたい。

気づいたのは全部、疲れた時でした。

疲れた時、どうしてもあなたの顔が見たくなったからでした。

あなたのくしゃくしゃな笑顔が頭に浮かんだからでした。

狂愛カテゴリの最新記事