2018.10.30

言えなかった「離れたくない…」

Ayano

Ayano

「離れたくない」の一言が言えたら、私はもう少し幸せになれた。

もうすぐで「さよなら」

あなたと過ごして来た日々。

彼を忘れることは生涯できないだろう。

初めて体が言うことを聞いてくれなかった。

初めて本音をぶつけられなかった。

初めて素直になれなかった。

初めて強がりをやめられなかった。

今までの恋は素直に言いたいことを言えて、抱きつきたいときに抱きついて、「好き」とか「愛してる」とかなんでも言えた。

でも最初から最後までちゃんと伝えられなかった。

もうすぐであなたの手の中からすり抜ける。

もうすぐで私の手の中からすり抜ける。

また届かなくなるのかな。また他の女性のことを見ているあなたを見つめなきゃいけないのかな?

もう私はあなたのものじゃなくなる。

「俺の。」と、言って欲しい。

「違うから。」と、また強がらせて欲しい。

また私の強がりを上から目線で笑って欲しい。

今夜だけは

今夜だけは彼の腕の中で眠りたい。

もうこの腕に包まれることもなければ、あなたに「おいで」と言われることもない。

たまに調子に乗ってかわい子ぶってくるあなたが好きだった。

いつも上から目線なあなたが上目使いで「寂しかった」とか言ってくれるのが好きだった。

外にいる時と家にいる時の顔が別人なあなたが好きだった。

今までみたいに計算してかわい子ぶったり、今までみたいに計算して女らしさと色気を振りまくことすらできなかった。

あなたの知ってる私は実は本当の私かもしれない。

今夜だけは抱きしめて欲しいと言いたい。

「いやだ」と言われても無理矢理あなたの腕の中に入りたい。

あなたと繋がっていたい。

きっとまた涙が溢れてくる。

きっとまた消えない思いに胸を締め付けられる。

今どこで何してるんだろう?と気になってしまう。

それでもいい。

それでもいいから、今日は私のことを抱きしめて欲しい。

最後に一度だけ「愛してた」と教えて欲しい。

嘘でもいいから「愛してた」と言って欲しい。

ちゃんと過去形で伝えて私に現実を突きつけて欲しい。

バカみたいね

こんなに恋愛を繰り返してたくさんの人を傷つけ、たくさんの人に傷つけられてきた私が未練だらけで涙流してる。

「バカみたい」と言って欲しい。

「何やってんの?お前らしくない。」と笑って欲しい。

あなたを諦めたこと、あなたと別れたこと、あなたに告白したことだって、あなたに出会ったことだって全部全部バカみたい。

あなたに出会ってなかったら今の私は絶対にいない。

あなたに出会ってなかったら今の私は絶対に笑えていない。

たくさん傷つくこと言われて、いつも「本当お前は一言多いな」って怒ってた私を許して欲しい。

あなたと一緒にいても幸せになれないことはよくわかった。

あなたと一緒にいても笑えないことはよくわかった。

だからまた付き合いたいなんて言わない。

好きなんて絶対言わない。

でも、私1人置いてきぼりにして遠くに行かないで。

「離れないで。」

いつも私の後ろ歩いて欲しかった。

私を後ろから支えて欲しかった。

高い階段登っていく私を後ろから押し上げて欲しかった。

全部全部言えなかったけど、今夜だけは私を抱きしめて最後に甘い夢を見させて欲しい。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする