2018.10.28

「お前、なんで薬指だけ日焼けしてないの?」

Ayano

Ayano

不倫相手なんて、もう二度と嫌。もう二度と...もう二度と...

夏の大人な恋

夏終わりに出会ったその人は素敵なジェントルマンだった。

すらっとした体型に、綺麗に整えられたひげ。

高そうなスーツに身を包んで、時計はざっと200万くらいだろうな。

年齢は36歳。正直こだわりが強すぎるから結婚できないんだろうなと思ってた。

でもね?あのね?

…早まるところだった。順を追って話そう。

※世の中は闇だらけだなと思わせてしまうので、童貞と純粋な女の子は読まないでください。

出会い

出会ったのは5月の終わり。

某有名ホテルのラウンジで隣に座ってた人。

(うわぁ、綺麗な顔…理想のおじ様…竹野内豊そっくり…)

それが第一印象。

癖で薬指を見てしまう。指輪ははめてない。

合わせて、着ているスーツのブランド、つけている時計のブランド、靴も見てしまう。

全部一級品。上から下まで完璧。

誰かとの待ち合わせだろう。時計を気にしてた。

彼が立ち上がった瞬間に名刺入れを落とした。

たくさんの名刺が落ちてしまって、私の足元にまで転がって着た名刺を数枚拾って渡した。

(この名刺の系統は、この人不動産関係だな)

「ありがとうございます」そう言って笑った彼の笑顔は私を一目惚れさせるには充分すぎた。

そして私は連絡先を聞くこともできず、彼は去っていった。

再会

それから数日後、彼と再会した。

当時のバイト先の仲良いお客さんにご飯に誘われ、西麻布に行った時。

お客さんの携帯に電話がかかってきて、突然「今から不動産関係の友達ここに来ても平気?」と聞かれて、「もちろん」と言った。

それから数十分ほどで到着した人は…あの時の彼だった。

もちろん、運命を感じた。もちろん、これは付き合える!と思った。

相手は私のことなんて全く覚えていなくて、それでも連絡先を交換できた。

それから数日後初めて2人でご飯に行った。それから週に2回食事するのがルーティンみたいになった。

気づいたら付き合っているんだろうなと思うくらいの関係だった。

でもお互い自分の口から「付き合おう」と言うことはなくて、あの頃の私はそれでもよかった。

出張帰り

再会してから2ヶ月経った頃、「私があなたのこと好きなの気づいてるよね?」って聞いてみた。

小さくうなずいて、その日から体の関係が始まってしまった。

8月に入った頃、「明日から一週間、仕事でハワイに行ってくるから来週は会えない。」とメッセージが届いて、「わかった。行ってらっしゃい。」とだけ返した。

一週間後、帰って来て焼けた肌の彼も格好良かった。

いつものようにご飯を食べて、いつものようにたくさん笑って、そのままホテルに向かった。

ホテルについて2人でベッドに横になって数分後。

彼の手を触ってた時、

「は?お前なんで薬指だけ日焼けしてないの?」

「え?」

「ちょうど指輪の形だね。しかも左手かよ。」

そう言って彼の手を放り投げた。

「待って。」

もういい。不倫相手になってしまったことは初めてじゃないから。何も気にしない。

(またこのパターンか。今回は結構本気だったんだけどな。)

そんなことを思いながら頭が沸騰して暴言を吐き続けた。

「お前よくこんなことできたな」

「これは恋愛だと思ってたけど、パパ活なの?」

「仕事でハワイ?仕事中は指輪つけてるの?」

「携帯見せろよ。お前結婚してんだろ?」そんなことたくさん言った。

言いながら涙が溢れ手前がどんどん見えなくなってきて、最初は枕で殴ったり、素手でお腹叩いてみたりしたけど…

その力すらなくなって膝から崩れ落ちた。

それを彼は優しく抱きしめるんだけど、「お前何の面下げて今抱きしめてんだよ」って思った。

「本当にごめんね」なんて言いながら抱きしめるって最低の極みだよね??

「頼むから消えて。今すぐ消えて。」そう言いながら本当は今独りにされたら崩壊しそうだった。

わかるか、お前ら。

パパ活も不倫も全部全部傷つくのはこっちなんだからな。

彼女がいるだけならまだ良かったよ。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする