スカートの中は夢がいっぱい

スカートの中は夢がいっぱい

スカートの中身

スカートの中には夢がいっぱい詰まってる。

だからみんな見せない。

恥ずかしいから。

女子高生の制服姿。

プリーツスカートの中には夢がいっぱい入ってる。

みんな処女を捨てたがる。

でも、処女捨てたっていいことなんてない。

パンツの中の夢は男なんかに簡単に見せちゃいけない。

みんな欲求にはストレートにぶつかっていくから、すぐ見せちゃうけど…

個性とか夢とか全部パンツの中身だけじゃない。

短いスカートが風に吹かれていて、見えるか見えないかみたいな部分にみんな魅力を感じる。

憧れと誘惑

スカートの中、パンツの中、みんな憧れを持つお年頃。

第二次成長期。

中学生くらいかしら?

でも、簡単に誘惑に負けてちゃダメ。

キスくらいで留めておいた方が、永遠に魅力的に見えるから。

スカートの中身だけは見せちゃダメ。

未発達なキスでお互い満足できなくても、そのぎこちなさに永遠を感じてた中学時代を今の大人たちに思い出してほしい。

初めて手を繋いだ時のそわそわ、初めて抱きついた時の温もり、初めてキスした時の感触。

初めて彼の胸に触れたドキドキ、初めて彼の鎖骨を舐めたワクワク。

シャツの隙間から見える焼けた肌は誘惑されているようにしか感じられなかったり…

でも触れることはできないみたいな憧れ。

同様に、スカートの間から抜けていく風、見えるか見えないかの太ももで誘惑してる。

でも触れさせない。

スカートの中は夢がいっぱい

たくさんの誘惑とたくさんの夢が詰まったスカートの中身は他には形容しがたい魅力がある。

ロマンすら感じる。

大人になるにつれて、頭にも体にも悪いことをたくさん覚えていく。

それでもスカートの中身だけは永遠に魅力的。

中学とか高校の懐かしい出来事も重たい荷物になっていて、どんどん新しい自分を求める。

そして新しい出会いを求め、新しい男と出会う。

どんどんスカートの中身は空っぽになっていく。

夢だけはたくさん詰めてないと退屈だから。

永遠に魅力的でいてほしい。

女性は全員、何よりも美しい生き物でいてほしいわ。

現実逃避カテゴリの最新記事