2018.10.19

ドルオタに恋愛は難しい

あやみん

あやみん

私には、アイドルの追いかけ方しかわからない。

リアル・会えるアイドル

彼に出会ったのは2年前。バイト先の一個下の男の子。
初めて見た時はビックリした。だって、タイプど真ん中の顔面だったから。
もう、推すしかないでしょ。

好きなグループのメンバーと並んでも違和感なさそうな雰囲気。
彼に対して抱く感情は、アイドルの「推し」に対する気持ちと変わりなかった。

遠くから眺めているだけでよかった。目の保養でしかなかった。

まるでファンミーティング

そんな彼と、久しぶりにシフトがかぶった。久しぶりに2人きりでお喋りする。
「こないだ駅で見たよ」と言った。
「声をかけてくれたらよかったのに」と彼は言った。

嬉しい。接触を肯定された。私から話しかけてもいいんだ!

バイトが終わって家に帰っても
寝て起きて日付けが変わっても、ふわふわした気分。

帰り際に聞いた「お疲れ様です!」の声が耳に残ってる。

これはあれ?ファンミとかサイン会とかの後遺症ってやつだと思えばいい?

近づきたいと思ったら、それは。

彼のことがもっと知りたい。
そう思ってスマホとにらめっこするけど、待てど暮らせど十分な情報が集まることはない。

「彼女いるの?」
「休みの日は何してるの?」
「好きな食べ物は何?」
「どこの香水使ってるの?」

アイドルなら検索すれば出てくるのに、どうして彼のことは何もわからないんだろう!

唯一わかったのは彼の音楽の趣味。正直、自分とかなり近かった。
彼がFacebookで「いいね!」してる歌手。その人のApple Musicのページには、「同じタイプのアーティスト」として、私の推しグループが出てくる。
そんなの、ハマるに決まってるじゃん。

馴染みのある曲調に、いとも簡単に耳が順応する。
毎日聴くプレイリストに、彼の好きな曲が増えた。

これを彼に、どう説明すればいいんだろう。日本では特に有名ではない歌手。
どうやって切り出せば、彼とお話できるんだろう?

そう。今、私は彼に近づきたい。眺めてるだけじゃ、足りない。

ドルオタとして充実した毎日を送ってたはずなのに、画面のこちら側に登場してくるなんて。

まったく、どうしてくれるの!

私には、アイドルの追いかけ方しかわからないのに。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

あやみん
あやみん
過保護/過干渉/温室育ちの女子大生奮闘記。夢見がちなパンセクシャル。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする