2018.10.18

武装メンヘラ十人十色論

mayan

mayan

好きだけで固められた自分のコーディネートは、武装服そのもの。

服にメイクにネイル。どれか一つでもかけたらアウト

気を使う服、丁寧に作り出すメイク、指先まで気の抜けないネイル。
もちろん楽しんでいるけれど、これらはどれか一つでもかけたらアウト。

それくらい重要な私たちの装備の一部。

派手じゃなくても、キラキラしたものじゃなくても、個性的な形じゃなくても
戦闘服の一部。

今日もニコニコ社会を渡るための、
明日もうまく過ごすための、
戦うための戦闘服だ。

自信なんていつもないから作り出している

「メンヘラには見えない」そう言われるのがよしとされる中で、
毎日気を使う服にメイク。

見えないだけ、見せないだけ。
自信のなさは服でメイクでネイルでカバー。

どうにもならない中身の自信のなさをカバーするものは
全て私を表しているのに、私じゃないかのよう。

それでも自信がないから今日も私たちは
服にメイクにネイルに気を使って、自信を作り出し毎日過ごす。

系統は違えど武装メンヘラに愛を

メンヘラの代表例とまで言われるふわふわ系。
一見サバサバして見えるクール系。
もはやメンヘラでなどなさそうなキレイ系。
いつでもうまくいきそうなカジュアル系。

戦闘服は十人十色だ。
自分に合わせたメイクにファッション
好きだけで固められた自分のコーディネートは、武装服そのもの。

いつでもその服の下の気持ちはうまく隠して、
今日も戦う武装メンヘラに愛を。

mayan
mayan
ファッション雑誌とメディアのライター。 「女の子が幸せになる未来があればそれでいいです。」

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする