2018.10.13

あなたのことが好きでした。

Ayano

Ayano

後悔するのはわかってる。でも、もうこれは過去。

仕事が大好きです。

私は仕事が大好きだし、今は自分が頑張ることしか考えられない。

自分が走ることでしか会社は動かないから。

今は特に頑張らなきゃいけない時だし、これからもっと忙しくなることはわかってる。

だから、「来週になったら落ち着くから」とか言えないのが辛い。

いつ落ち着くかもわからないし、いつ向き合えるかもわからない。

そうやって忙しさにかまけているのは私。

でも、それでも今は仕事しか見えなかった。

向き合いたくないわけじゃない

向き合いたくないわけじゃなかった。

もちろん、話だってちゃんとしたかったし、もっと知りたいと思った。

でも、その時間すら取ることができなかった。

両立できたら最高だよ?

でも、そんなに簡単に大人になれない。

初めての環境で初めてのことがたくさんあって、毎日毎日新しい自分と出会って、新しい人と出会って。

そんな毎日の中で恋愛なんて全然できない。

だから好きだった人のことを思うと、私なんかといるより、他の女の人といた方が確実に幸せだよなって思ってた。

そんなときに言われた言葉。

「あなたは毎日大変じゃん。忙しいから、会えないじゃん。だから気持ちが離れてる。」

あぁ、そうか。

愛想を尽かされるとはこういうことなんだなって思った。

もっと関係性を築いていれば良かったかな?

ちゃんと応援してもらえた?

でも、その関係性を築くことすら今の自分には難しい。

きっとこれからも…

きっとこれからもそう。

こうやって好きになりかけた人に愛想を尽かされる。

私じゃない誰かにどんどん惹かれていく。

そんなことを目の前にするくらいなら、これからも恋なんてしたくない。

悲しいけど、悲しいけど…

でも、人を好きになって近づくことが怖くなった。

好きになって近づいて両思いになったとしても、またすぐ会う時間がないなんて生活が始まる。

あぁ、きっともう無理なんだな。

 

人に話せない悩みも、今まで居場所がないと悩んでいたことも全て、ここでなら話せる。自分が一歩を踏み出せば、世界が変わる。今辛い自分は、明日には笑えるかな?そんなあなたへ。待ってるね。

 

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする