2018.10.05

セフレなんてあなたを輝かせてなんぼでしょ?

DariaMe編集部

DariaMe編集部

セフレなんてあなたを楽しませてくれてなきゃそれはもう失格だよ。

今朝はちゃんと脱ぎ散らかした洋服は畳んでもらえていましたか?

お布団はちゃんとつま先までかけてもらえていましたか?

今、お酒片手に溜息吐きながら裏アカ開いていませんか?

セフレって関係が成立するのって力関係が対等なときだけだと思う。

相手の彼から連絡が来るのは決まって深夜だし、決まってあちらが酔ってる時だけだった。

お酒を飲んで気が大きくなったときにそれを当てつける相手が私だったってだけ。

そんなの、今ならはいはいそうですかって既読スルーなんだけど当時は「求められている」「必要とされている」「心の穴埋めができている」って思っていたの。恥ずかしいけど、大真面目に。

はたから見ればただのセフレだったのにこのケースは別だ、きっとどうにか報われるってちゃっかり自分だけ正当化していた。女友だちの前では「私クズだし!」って開き直ったふりもしていたな。

お互い様だけど、慣れって怖い。

今まではちゃんと「会いたい!」「可愛いね~」って最低限の気遣いはしてもらえてたのにいつからか「来て」「あの子可愛いから呼んで!」になっていた。それが当たり前になっていた。

私なんか……ってなってる時はね、大体上手くいってないよ

それでも良いやと思う私は当時負の感情とか劣等感でしか行動できていなかったんだろうな。

「私”なんか”は今ここで行かなきゃ嫌われる」とか「私”なんか”そういうことでもしなきゃ価値無いな」って半分自嘲気味に思っていた。

俯いて、背中も猫背になりがち。

肌も荒れ気味。

今夜もため息まじりにお家に向かってしまったら

あれ、、私これ楽しいのかな、、、ってやっと思えたのは半年後。

本当に些細なことでハッとしたの。
例えば歩いている時のペースとか、見え透いた嘘をついている時の顔とか。

多分、許容のバケツが一杯になったんだろうな。

「なんでこんな楽しくないことに時間取られてるんだろ」ってふつふつと疑問になってきた。
段々拒否できるようになって、どうでもよくなった。
そしたら全部が楽になったの。今はどんな連絡が来てもなびかない。よく考えたらダサかったなあの人(笑)くらいに思ってる。

楽しませてくれない相手や一緒にいて前向きなれない相手。
きっとそれは切って大丈夫な縁。セフレに限らずね。

暫く会わなかった期間、寂しさは確かにあったな。
ただ空きスペースが出来ればその分新しい人やもの、存在が現れるんだよね。不思議だよね。

セフレなんてあなたを楽しませてくれてなきゃそれはもう失格だよ。

恋愛とも違う関係だから、もっと気楽に楽しみたい。あなたはこれからも、あなたなんかじゃないよ。

 

※この記事は、悩んでいる方に寄り添いたいという想いや、筆者の体験に基づいた内容で、法的な正確さを保証するものではありません。サイトの情報に基づいて行動する場合は、カウンセラー・医師等とご相談の上、ご自身の判断・責任で行うようにしましょう。

 

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする