2018.09.29

比べるクセと理想の彼

あやみん

あやみん

彼のそばにいることさえ申し訳なくなってくる。

夢にまで見た理想の男性…?

尊敬できる人が好き。

これは本当に本当のこと。

だって、一緒に居たら自分も成長できるような気がするし、

何よりカッコいい。

しかも彼は、いわゆるイケメンに分類されるタイプ。

スーツを着てもジャージを着てもキマってて、

私服のセンスだって良い。

勉強が出来て、学校で習うこと以外にも知識が多い。

運動神経も良い。それに、器用だ。

優しくないところが玉にキズだって言う人もいるけど、

多才な彼に対して「凡人に合わせて」なんて頼むこと自体が的外れでしょ。

頭からつま先まで平凡な私には、彼はキラキラ輝いて見える。

シャイニング。

二人で歩いてるだけで、ワンランク上の女になれた気がする。

同性の友達からの視線が痛気持ち良い。

そこらじゅうに自慢して回りたい気分。

ハッピーで仕方がない…はず、なんだけど。

埋められないギャップ

気づいたら、落ち込んじゃってる自分がいる。

彼は、さながらスーパーマンみたいになんでも出来るのに、

それに比べて私は…。

経験もない、才能もない、センスもない。

こんなんじゃ絶対彼と釣り合わない。

それどころかイライラさせてしまうかも。ポンコツ過ぎて。

駅のトイレの大きな鏡や、ガラス張りの建物に自分の姿が映るたびに、

惚れ惚れするような、彼のスラッとした手足を思い出す。

彼の隣には、モデルさんみたいな美女がよく似合いそうだ。

鏡の中の自分を見て、溜め息が出る。

どんなに痩せてもスキニーの似合わない骨格。

化粧ではどうにもならない、低すぎる鼻。

彼のそばにいることさえ申し訳なくなってくる。

尊敬できる人が好き、とは言うものの。

自分と比べてしまう癖が抜けないうちは、この辛さは避けられない。

私、実はちゃんとわかってる。

自分次第で、知識や経験は得られることを。

見た目だって、少しなら今より良くできることを。

その努力を惜しまないことが、自分自身の魅力に繋がるんだってことも。

彼の隣が似合うように、じゃなくて、

自分のことをもう少し大切にできるようになるために、

一歩を踏み出せますように。

あやみん
あやみん
過保護/過干渉/温室育ちの女子大生奮闘記。夢見がちなパンセクシャル。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする