2018.09.25

1番の味方は人見知りな性格。

DariaMe編集部

DariaMe編集部

あのひとり寂しい空間の中で黙々と時間だけが過ぎていくのを待っているのは辛すぎた。

辛く悩みもがいた高校生時代

私の入った高校は、男性のいる割合がとても多いところでした。

当時、男性という生き物に苦手意識があった私。

そんな私は、男性が大勢いる空間には当然溶け込むことができずに日々を過ごしていたのです。

そのため元から根付いている人見知りな性格が更に加速し、1日ほぼ誰とも話さずに終わってしまうことも。

毎日、誰とも関わることができず教室の片隅で身を縮こまらせていました。

もちろん女子が群れている輪の中へ入るなんて、できるわけもなく。

そういったことから私には、大人しく話しかけにくいというイメージが定着してしまうのです。

なので私自身、人見知りという性格に嫌気がさすことも沢山ありました。

なんでこんなに人見知りしてしまうんやろ?

これさえなかったら、高校生活がもっと楽しいはず。

本当は誰かとお話して仲良くなりたいのに。

毎日、学校が終わって家に帰ると、そんなことばかり考えていました。

考え悩んでばかりいると、学校へ行くということが徐々に苦痛へと変わってゆきます。

学校が嫌で月曜日の朝が本当に怖かった。

朝になったらまた学校へ行かなくてはいけないと思うだけで、吐きそうになった。

あのひとり寂しい空間の中で黙々と時間だけが過ぎていくのを待っているのは辛すぎた。

何度も泣きそうになった。

学校を抜け出したくなった。

この記事を書きながら当時の状況を思い出すだけで胸が張り裂けそうになります。

でも今こうして大人になった私が人見知りについて向き合うことで、沢山気付けたことがあります。

長所に変えてしまう

実は、人見知りという性格は良い所もたくさんあるということ。

人見知りを長所に変えることができるんです。

その長所がこちら。

・観察力がある
・分析力がある
・自分と似ている性格の子と仲良くなる

ということ。

これら3つを掘り下げて考えていきます。

観察力と分析力は、相手がどんな人かを見極めるためには欠かせないものです。

相手のことを観察して自分と波長が合うのか、仲良くなれそうかなどを見ることができるわけです。

そして、自分と似た人なら話しかけて仲良くなり同じ空間にいても苦にはならないですよね。

このように、自分が素を出し自然体でいれる人を見極めることができるんです。

なので、人見知りという性格を否定的に見ないでプラスに使ってほしい。

そうすることで、あなたの短所が長所になります。

前向きに、私らしく。

あなたが短所だと思っている部分も考え方や視点を変えるだけで、凄い能力を発揮します。

だからあなたは、あなたのままでいい。

相手を見て、自分と似たような性格の人だと思ったら関わりを持てばいい。

逆に、合わなさそうな相手とは距離を置けばいいのです。

最後に、あなたが心を開いて自分を見せることができる素敵な相手に出会えることを願っています。

DariaMe編集部
DariaMe編集部
悩める若者向け共感型メディア『DariaMe』編集部

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする