2018.09.17

二番手だから記念日なんてない。

Ayano

Ayano

何で一番じゃないんだろうって思うような恋は辛いだけ。

二番手でもいい

二番手でもいいから好きな人のそばにいたいと思った恋があって。

ただの都合の良い女だったんだけど、それでも全然よかったことがあって。

他の男性に何言われたって正直何とも思わなくって。

「好き」って言われても

「付き合おう」って言われても、

その人たちに見向きもしないくらい好きだった。

告白してくれた人と一緒にいたほうが幸せになれるなんてことくらい百も承知だったけど、見向きもしなかった。

視界に映らなかった。

一途な恋をしてる時は、他の男なんてミジンコくらいにしか見えてない。

辛くて辛くて仕方ないんだけど、それでもいいって思うくらい好きだった。

記念日なんてもちろんない

二番手だし、相手には彼女がいるかもしれないって思ってたから、本気じゃないのはわかっていたから…

だから記念日なんてもちろんなかったし、クリスマスやバレンタイン、年越しだって一緒に過ごしたことない。

もちろん一番大切な誕生日は私じゃない人と過ごしてる。

彼が生まれた日、私がお祝いしたいって思ってもそれはできない。

記念日がないからプレゼントをもらうこともない。

クリスマスは12月23日。

バレンタインは2月13日。

初詣は彼にとって初詣じゃない。

そんな日常が続いてた。

でも、それでもよかった。

好きだから。

一緒に過ごせるならそれで満足だから。

「さよなら」くらい私が言いたい

でもそんな関係続けていても幸せになれないし、

いつも会えるのは木曜の夜だった。

金曜の夜と土日は彼女といるのかな?って思ってた。

彼女いるのかどうかすら怖くて聞けなかった。

木曜の夜に抱かれて、嘘でも「一番」とか「好き」とか「愛してる」って優しく言ってくれてたから愛せてた。

全部偽りだってわかりながら、言われてる時は本気にしてた。

終わるときも一瞬だった。

冷める瞬間なんて一瞬だった。

こっちが会わないって言ったら引き止めてくれこともわかってた。

だって、都合のいい女だから。

二番手だから。

いつも、いてもいなくても一緒。

せめて「さよなら」くらいは私が言いたい。

私が言わなきゃ報われない。

そのくらいの権利は欲しい。

じゃないと全部全部流されて終わることになっちゃうから。

そんな恋だったから誰にも言えなかったし、嘘つくことが上手な彼に全部負けた気分になっちゃう。

悲しいけど、恋の形は様々で。

私は経験したから止める気はない。

でもいつもそんな恋に先はない。

続けても、報われることはない。

涙流す数はできるだけ減らしたい。

いつもバイバイするときに「またね」って言われるのではなく、「バイバイ」って言われる恋は辛いだけ。

連絡が途切れるたびに離れる覚悟をするような恋は辛いだけ。

私にはできない話を一番の子にはしてるんだろうなって思う恋は辛いだけ。

何で一番じゃないんだろうって思うような恋は辛いだけ。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする