2018.09.15

誰も信用できない…期待しなきゃいいんじゃない?

Ayano

Ayano

悔しくて悔しくて一人きり泣いた夜だってたくさんあった。

誰も信用できない…

誰も信用できなくなることがよくある。

そんな時悔しくて仕方なくなる。

自分の性格に対しても、自分の弱さに対しても、人を信用できなくなった過去にも。

そんなことが悔しくて悔しくて一人きり泣いた夜だってたくさんあった。

でも、「信用したっていいことない」

とは、限らない。

信用することは大切なことだと思う。

でも期待するからいけないんじゃない?

裏切りなんて日常茶飯事

裏切りなんて日常茶飯事だった中学時代も、高校時代も。

裏切ることは呼吸することと同じくらい当たり前に行われてて。

瞬きの回数だけ裏切られた。

そこから人を信用できなくなった。

愛する人に浮気されたり、

大切だと思ってた友達がいじめの主犯格だったり、

片思いしてていい感じだった人に実は彼女いたり、

どれだけ辛い思いをしたかわからない。

どれだけ泣いたかわからない。

なんでこんなにも…って思ったけど、

あの頃の私は期待してしまっていたの、全てのことに。

期待をしなかったらきっともっと楽に生きられた。

肩の力抜いて生きられてたと思う。

目が覚めたら知らない女が隣で彼氏とセックスしてる状況なんて目の前にしなくて済んだ。

ここまで浮気されたりすると、自分が悪いなって思うようになる。

それは致し方ないこと。

本当に自分が男を選ぶセンスがないからいけなかった。

そんなヤバい奴ばっかりに恋してしまっていたからよくなかった。

でも、そんな恋だけじゃなかった。

ここ最近は浮気されることもないし、愛されてる心地のする恋愛が多かった。

でも、恋愛じゃない場で信じてた人に裏切られた。

笑っちゃった。

悔しくって。

でも前みたいに「やっぱり信用したからいけなかった。人を信じるのはもうやめよう。」なんて子供じみたことは思わなかった。

信用はしても期待はしない

今は、「信用はするけど期待はしない。」

期待すると裏切られた衝撃が大きくなるから。

だから期待は一切しない。

したって仕方ないから。

だから、前向いてゆっくり歩く。

人をもっと見極める。

みんなが尊敬してるからとか、注目を集めてて、人望がある人はイコールして信用できるとは限らない。

だから期待はしない。

このまま信用はするけど、期待はもうしない。

そのくらいの存在でしかない。

結局自分がどう生きたいか。

誰と生きていきたいか。

自分の人生の物語に誰を登場させたいか。

主要メンバーは誰にしたいか。

脇役は誰にするのか。

それでしかない。

それしか自分では決められない。

周りの人間がいなければ自分の物語は完成しない。

裏切られたっていい。

その代わりに愛があれば。

私の物語が前に進むのなら…

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする