2018.09.01

歌舞伎町の闇は私を輝かせた。

Ayano

Ayano

歌舞伎町という街は人の人生を簡単に変える。一晩で変える。

眠らない街

アジア最大の繁華街と呼ばれる「歌舞伎町」

怖いからってあまり足を踏み入れない人も多いと思う。

でもあんな楽しい街、私は知らない。

偽りだらけの体や顔で、偽りだらけの笑顔と仕草。

あんなに上手いことできた街、私は知らない。

誰も助けてくれない。

あの街で死んだって気づかれないだろう。

そのくらい狂ってて魅力的な街。

本当に何時になっても眠らなくて。

昼間は静かに見えてるけど、いつ何時に行ったってあの街は美しい。

お金の匂いと、男の匂いと、女の匂い。

いい匂いがたくさんする。

甘い蜜がたくさん吸える。

人生の価値観が変わった

私の人生の価値観が変わったのは、歌舞伎町に出会ってから。

人間真面目に誠実に生きていればいいってわけじゃないと教えてくれた。

真面目に誠実に生きている方が幸せなのかもしれない。

事実、お金は人を狂わせるし、お金で満たされるのは心じゃなく生活だけ。

でもそんなことを教えてくれて、狂わせてくれたあの街が大好き。

あの街が全てを変えた。

純情な感情は新宿駅東口のコインロッカーに置いてきた。

高いピンヒールを履いて、髪の毛なびかせて、バッチバチなメイクで格好つけて歩く女たちと、

先の尖った革靴に真っ黒なスーツ、第二ボタンまで開けてエロく鎖骨出して銀のネックレスを輝かせる男たち。

美しすぎる。

その高そうな時計はどうやって稼いだの?

そのハイブランドのバッグはどうやって稼いだの?

あぁ、綺麗だ。

みんなお金に貪欲だ。

あぁ、なんて美しいのだろう。

あの闇は私を輝かせた

あの闇深い街は、私をちゃんと女にしてくれた。

歌舞伎町のホテルは一方的な愛を押し付けた相手と毎日のように行ってた。

歌舞伎町の映画館は大好きなあなたと映画を見る場所。

そしてあそこは私にお金を落とす場所。

歌舞伎町という街は人の人生を簡単に変える。

一晩で変える。

毎晩、店内では何が行われているのだろう。

ね?想像しただけで楽しいじゃない?

夢も希望も絶望も全部持ってる歌舞伎町は私の人生を大きく変えた。

ね?美しすぎてたまらないでしょ?

死ぬときは、歌舞伎町がいいわ。

Ayano
Ayano
株式会社DariaMe代表|22歳 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする