2018.08.27

どうせ生きるなら

DariaMeが会社になりました。

あーやん。

あーやん

横山彩乃(20)は、8月27日に株式会社DariaMeを立ち上げたことをここにご報告させていただきます。

この度、メディアDariaMeを運営しています横山彩乃(20)は、8月27日に株式会社DariaMeを立ち上げたことをここにご報告させていただきます。

初めまして皆様。日本初のメンヘラCEOです。

メンヘラが向いてない職業ランキング堂々の第一位は絶対に『代表取締役社長』それでも、私はあえて会社を設立しました。

毎日「死にたい」と嘆く私が起業し成功してゆく姿を見せることで全国の人生を諦めたメンヘラたちに光を照らしたいと思いました。

改めまして、横山彩乃と申します。

【経歴】

バンタンデザイン研究所高等部ファッション学部卒業。

卒業後フリーライターを経験後、株式会社BrandingEngineerにて女性向けメディアの編集長を務める。

2018年6月末に女性向けメディアDariaMeを立ち上げ、現在8月27日に株式会社DariaMeにてCEOに就任。

【人生遍歴】

中学時代に酷いイジメを受け鬱病と診断される。自殺未遂を何度も経験。

幼少期から女性にも好意を抱いており、バイセクシャルだと判明。

偏差値36の高卒。歴代の彼氏の約8割に浮気され別れる。

DV彼氏を持ったあたりから人生ヤバイと気づく。

メンヘラ同士の共依存なども経験し、全てさらけ出してしまえば私は楽になるのではないか、報われるのではないかと思い、メデイアDariaMeを立ち上げ。

株式会社DariaMeができた理由

21世紀に生きづらさを感じた私は、どうにかして笑顔で生きて生きたいと願いました。

様々な職業を経験し様々な闇を見てきて、人生に半ば諦めを持ちながら生きてきました。

早く天国までの暇つぶしが終わらないかと願いました。

でもあるとき思いました、「この暇つぶし、メンヘラなりに面白いことできるのではないか」と。

その後は猛スピードで進みました。気づいたら本日登記してました。

「全国のメンヘラを私の手で幸せにしたい」と、その気持ちだけで登記しました。

全国のメンヘラを一瞬で笑顔にしたい。

全国のメンヘラ、悩める10代後半〜20代の若者たちが幸せになるためには逃げ場が必要。

私は、「逃げ癖をやめろ!」って言われた時に「なぜ逃げてはいけないのだろう」「私の悩みを理解できないくせに何言ってるんだ」と思いました。

人は逃げたっていいんです。

むしろ逃げ場があると思えるから肩の力を抜いて生きられるんです。

人に理解されないのはその人にその経験がないから。

それなら私が救いたい。私がさらけ出すことで救いたい。

株式会社DariaMeは「生きること」という当たり前に本気で向き合っていきます。

改めまして、今後とも株式会社DariaMeとメディアDariaMe、そして横山彩乃を宜しくお願い申し上げます。

メンヘラが自らの手で、日本の闇を照らします。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする