2018.08.21

死にたい訳ではない。存在全て消し去りたい。

ぼんちゃ

ぼんちゃ

消えることが出来たらいいのに。泡のように、何もなかったことにできればいいのに。

死にたいわけではない。消えたい。

自分の存在価値が分からない。
生きているだけでお金も物も消費してしまう。
生きているだけで他人に何らかの影響を与えてしまう。

でも、死にたい訳ではない。
死んでも、「私」という人間が存在したという事実は残ってしまうから。
死んでも、悲しんでしまう人が居てくれるから。

だから、消えたい。
存在ごと全て消えてなくなりたい。
私の存在を全ての人の記憶から抹消して、ここから去りたい。

特に病んでる時ではなくても、ふとした瞬間に、
「あ〜存在消えてほしいな〜」
と思いながら過ごしている。

存在を消すことはできない

でも、私が知っている限り、存在は消せない。
もしかしたら消している人がいるのかもしれないけど、
私はその方法を知らないし、実行できない。

どれだけ考えても、実行することはできない。

だったら考えても仕方ないんだよね。
どうせ出来ないんだから。

今自分が持っている命を、
地球の歴史から見たらほんのちっぽけな時間にすぎない「自分の一生」を
どう使うのか考えた方がよっぽど楽しいよね。

死にたくてもいいんじゃない?

私は「死にたい」よりも「消えたい」派だけど、
「死にたい」派の人がいても別に全然いいと思う。
むしろその感情を押し殺そうとする方が、よっぽど死にたくなる。

でも、何もしなくても、どうせいつか死ぬんだよね。
私もまだ死んだことないけど、人間は全員必ずいつか死ぬらしいよ。

だったら、わざわざ苦しい思いを自らしてまで死ななくてもいい気がする。
いつか必ず死ぬその時まで、とりあえず生きておいてもいいと思う。

感情の波があるから「楽しい」瞬間もある

それに、私この3年間ずっと「消えたい」と思って生きていたけど、
楽しい瞬間もたくさんあった。
笑顔が作れなくなった時期もあったけど、
今はいつのまにか笑えるようになっている。

生きているだけでも、何かしら物事は起きる。
辛い、苦しい、しんどい、悲しい、そんな時期ももちろんある。
みんな人間だから、いろんな感情の波がある。

感情に波があるおかげで、人間は「楽しい」瞬間を「楽しい」と感じることができる。
ずっと楽しかったら、楽しい〜〜!って気持ちも薄れちゃうからね。

しんどい気持ちが続く時期があったら、
「あ〜〜これはこのあとの楽しいタイムに向けた前兆なのかしら〜〜〜」
って思うと、少し気が楽になるよ。

まあ、私もなかなか器用に気持ちの整理できないけどね。笑

関連記事

しんどい。苦しい。誰か助けて。

私の幸せは、私が決める。

大丈夫だよ、って言わないで。

ぼんちゃ
ぼんちゃ
人生について思考することが大好きな20代ウーマン。 モットーは「素直に生きる」こと。 Daria Meでは、人生やメンタリティに関する記事をメインに書いています。

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする