2018.08.20

恋の一方通行

恋愛中毒の私が恋をできない理由

あーやん。

あーやん

恋愛中毒で悩んでる人は、もしかしたらこれで解消するかもしれない。

恋愛中毒

14歳の時からほぼ絶えず彼氏がいたし、ずっと誰かに恋してた。

恋愛すると他のことどうでもよくなっちゃうし。

ずっと恋をしていたいし、誰かのために生きていきたい。

誰かに尽くしていたいし、尽くされていたい。

ずっと誰かと繋がっていたいし、誰かの一番でいたい。

これが恋愛中毒なんだなって思った。

私が恋をできない理由

そんな私が20歳になって一切恋ができなくなった。

なんでだろうと思って考えてみた。

恋愛中毒で悩んでる人は、もしかしたらこれで解消するかもしれない。

①恋以上に好きなものができた(私の場合仕事)
②仕事に満たされてる
③仕事で人と毎日繋がれてる
④誰かのために生きていきたいと思ってた気持ちが、ユーザーのために生きていきたいに変わった
⑤仕事に尽くしているし、仕事に尽くされている
⑥仕事で私を一番だと思ってくれる人がいる

【結果】
仕事が楽しすぎるため、他に目がいかなくなった。

なんでみんな両立できてるの?って疑問にすら思う。

恋はするよ。

「この人素敵だな」って思ったりもする。

でも、恋愛に発展するほどそこに注力できないし、してはいけないんじゃないかって思う。

自分が恋愛をするとどうなるかわかっているから、仕事に必死になれないのではないかって思う。

頑張りきれないのではないかとか、彼氏に甘えてしまうのではないかって思ってしまうの。

女の子はいつだって女の子でいたいの

それでも女の子だから、ずっと女の子として見てて欲しいなとは思うし、愛されていたいとも思う。

恋愛すると一点集中してしまうから、愛を分散したらいいんじゃないかって思ったりもする。

でもその愛が今は全て仕事になってる。

これはすごく幸せだなって。

私、幸せだなって。

こんなに仕事のことしか考えてないし、ロジカルにしか会話できないのに、女の子として見てくれてる人たちがいることも幸せなんだよ。

恋愛中毒を直したい人は、愛を分散したらいい。

他のことに集中してみたらいい。

熱中してみたらいい。

そしたら自分の新たな魅力にも気づけるから、絶対に。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする