【起業家彼女の実態】実は大変だって知ってた?

【起業家彼女の実態】実は大変だって知ってた?

起業家と付き合いたい女子急増中

今話題の起業家彼女。

芸能人との報道も多くて、みんな起業家と付き合いたがり!

実際にネット検索してみると「付き合うコツ!」とか出て来るけど実際リアルな部分ってどうなの?って疑問も多いはず。

そこで今回は、起業家と付き合った経験のある(自分含め)人たちにリアルを聞いてみました。

※一個人の意見のため、全部を鵜呑みにはしないでください

実は大変「起業家彼氏の実態」

1.セックス終わった時にPC開かれて一気に冷める
事を終えた時に隣にいて欲しいのにPC開かれた時、「え?まじで私のこと愛してんの?」って思う。そこは大切にして欲しい。
2.本5冊渡されて課題出してくる
ある日、デート中の出来事。カフェに入ったら本5冊渡されて、「次会うときまでに読んでおいて」って課題出された。「あっ、、、はい。」って。
3.スプレッドシートのURL送られてきた
付き合って数日後の話。「これ許せる?許せない?」って内容をリスト化したスプレッドシート送られてきた。待って、え?スプレッドシート??って思った。
4.GoogleカレンダーをSlackに共有してデートの日程入れてた
とりあえずGoogleカレンダーで日程の共有してた。「今日ご飯いるのかな?」とか、「今日何時に帰るかな?」とか、「今週の土日はデートできるかな?」とか、そういう普通のカップルがかける工数に関しては、Googleカレンダーで共有することで工数かけずに済んでいた。
5.ドキュメントで取扱説明書渡した
ある日、「俺メンヘラと付き合ったことないからわかんないから、ドキュメントで取扱説明書書いて明日までに提出して」って言われたの。お話しするのじゃダメ?ドキュメントじゃなきゃダメ?
6.何かとエビデンス残したがる
何か問題が起きたとき、そこで解決策が出てこない場合エビデンスを残し、数日後と日程を決めてそれまでにお互い解決策を持ち寄る。他にも、金銭面でのことや、喧嘩になって「もうしません」っていう動画撮られて「エビデンス残ってるからな」って脅された。

男側の意見
何か意見の違いとかがあった時に残しておくのは3つ
①問題があったというエビデンス(例えばデート場所が出てこないという問題)
②問題が起こった根本的な原因(お互いに行きたい場所がその場で出てこない)
③解決するための仕組み(スプレッドシートを作成して行きたい場所・優先度・価格帯・場所のURLを貼って管理した)
これによって全て解決したから、やめる気はない。

7.講演会や説明会の受付手伝わされる
彼主催のイベントや講演会、説明会などの受付を休みの日に手伝わされて、休日が潰れる。(でもまぁそれで「助かった。ありがとう。」って言われるだけで幸せなので満足です。)
8.税理士でもないのに領収書の整理させられる
私数字も弱いし何もできないのに、彼の食事や諸々雑費を種類別に領収書の整理させられる。これ、結構意味わからなかった。
9.ベッドでPC開かれて冷める
一緒に寝ようってなって一緒にベッドに入ったのに、隣でPC開かれて仕事始める。ひどい時はイヤホンつけて音楽聴きだす。それ結構辛かった。腕枕して一緒に寝てよ!って。

男側の意見
隣にいればいいのかなって思ってた。何も言ってこないから気づかなかった。

10.デート中に知識刷り込んでくる
デート中に知識や自分の考えなどを刷り込んでくる。知識が増えるからとても嬉しいんだけど、え?今?ってなるし、正直全く言ってることが理解できない時もしばしば。全部メモしてあとあと調べていた。

男側の意見
知識とか考えを伝えるのはデート中だけじゃなくて日常茶飯事である。
デート中にカフェ入った時、そのお店の売り上げ求めたことある。客単価、回転率、席数、専有率、売り上げ求めて、バイトの人数から人件費ひいた粗利求めた。
これってダメなことなの?

11.記事とかツイートのURLシェアが毎日来る
みんな見えないところで勉強して努力してる人たちだから、私のこと考えて知識増やすために送ってくるのはわかるんだけど、正直タスクが溜まってる日にそれが送られてくるとキツイところある。
12.自分から記事のURL送るようになる
11でお話しした、彼氏からURL送られてくる問題。気づいたら、自分もどこかのリリースや会社買収についてなどの記事のURLを送るようになってる。次第と相手に順応し、相手に吸い込まれてる気分になる(笑)でも内容は意外とカップルっぽい?!

13.一個アイディアを出すと、KPIやリリースのタイミング、マネタイズ、出口戦略に関してめっちゃ突っ込んで来る。
私のこと考えてくれて、成功して欲しいからとアドバイスくれたり、色々言ってくるのはわかるんだけど、すごく嬉しいんだけど、ただの一つのアイディアに対してめっちゃ言われると、自分の中でパニックになる時がある。何も考えてない自分が嫌になる時がある(笑)
14.専門用語とか横文字が多い
ITの専門用語とか、横文字が多すぎて一緒にいるときも仕事モードになってしまう。起業家の人って、プライベートと仕事をはっきり分けようとしても、どうしても忙しすぎて割り切れない部分があるのはわかってる。でも、たまにその会話について行けなくなってしまうし、いちいち聞き返して会話を止めてしまうのも申し訳ない。
15.食事の時も仕事されてる・安心してお酒飲めない
食事をしてるときに仕事されるのは当たり前。ずっと携帯に通知が来てて会話に集中できなくて当たり前。会社のトップだからずっと仕事のことを考えていて当たり前。だから何も言えませんし、心から応援はしてます。でも、たまに寂しい気持ちになります。
16.みんな税金のために自分の収入抑えて会社に残してるから豪遊する人なんて少ない
「起業家はお金持ちだから付き合いたい!」って思ってる皆さん。考えが甘いです!!みんな多額の税金を払うより会社に残したいため、そんなに大金を自分の収入としていれてる人なんて少ないです。起業家だって、ちゃんと節約してます。
17.メッセでオンラインなのにLINE既読つかないは当たり前
Facebookのメッセンジャー機能のお話。仕事でメッセンジャーを使ってる起業家は多い。メッセンジャーではオンラインなのにLINEに既読つかないなんて日常茶飯事。いちいち気にしてても仕方ないし、ショック受けなくもなる。むしろ途中から、「仕事頑張ってるから今は大人しくしておこう。」って気持ちに切り替わってくる。合わせて日中は、LINEよりもメッセンジャーでメッセした方が連絡返って来ますよ!(邪魔しない程度にね!)
18.何かとUI/UXで例えてくる
可愛い子がいた時の話。「この前あった〇〇ちゃんUIよかったけどUX悪かった。」って言われた時、当時私はUI/UXを理解してなかったので、この人何言ってるんだろう?って思ってました。
19.まともな意見を言わないと話が続かない
起業家は貪欲に勉強している人たちばかりだから知識が豊富で、彼が提示してきた問題についてまともな意見を言わないと話が続かないし、的外れなこと言うと微妙な顔されてしまう。それ以降、相手の顔色を伺うようになってしまった。
20.タスク管理させたがり
自分の悩みや、自分の思考について話したときに、人生のタスク管理すれば?って言われた。実際にタスク管理し始めたら、悩みも達成したいこともそれに対しての解決方法も全部見えて来てスッキリしたからありがたかった(笑)

付き合う前に知っておくべきこと

①起業家=お金持ちなんて安直な考えは捨てる
みんな必死の努力でお金を稼いでいます。お金より財産になるのは、彼の知識や経験。

②忙しいなんて当たり前
それによって、どうやって支えてあげたらいいのか、何をしてあげたら癒しになるだろうか、彼が仕事を円滑に進められる方法を考える。

③知識をある程度蓄えておく
彼の行なっている事業について、業界について、用語、全てある程度学んでおくと会話が途切れずらくなる。

④恋愛に生産性を求められたり、ロジックで解決しようとされても受け入れる
女の子は彼に悩みを相談したときに聞いて欲しいだけの時が多いけど、それの解決策をたくさん提示されて、「これじゃない」ってなること結構あります。
でも普通に相槌打つ人より、問題を一緒に解決しようとしてくれる彼の方があなたのこと考えてくれてるってこと。

起業家の彼女。大変だけど、とっても幸せ。

他にもいくつかあると思いますが、私の実体験で書けるのはここまで。

たくさんの人がいるけど、中でも起業家で成功してる人、しようとしてる人は、ありえないくらい普段から努力してます。

どうしても好きになった人が起業家だった場合、「カップルって価値観より一緒に戦っていくための相棒」くらいの気持ちでいたほうがうまくいくのかもって私は思いました。

本気で相手を応援し、支え、思いやる。

これができなきゃ、付き合えたとしても長続きしないんです!

この経験を生かして、私次こそ幸せになりたい。

狂愛カテゴリの最新記事