2018.07.10

狂愛

私のライバルは「強がりな自分」

あーやん。

あーやん

恋にライバルは付き物だけど、一番のライバルは「強がりな自分」。

素直になれない

どんなに好きでも素直に「好き」って言えない。

恥ずかしくて、なんか悔しさとかもあって、全然言えない。

本当はありがとうって思ってるし、ごめんねって思ってるけど、全然言えないの。

素直にありがとうって、ごめんねって、好きって言えたらすごく楽なんだろうなって思う。

なんで他の女の子たちは素直に愛情表現できて、素直に思いを伝えられるんだろうって不思議。

自分に自信があれば言える?そういうことじゃないのかな?

でも自分で素直になれない理由なんてわかってる。

いつも邪魔をする

いつもうまく言葉で伝えたり、行動で表現できないから、「もう好きじゃない?」って聞かれる。

いや、好きだよって、心の中でいつも言ってる。

情けないんだけど、全然言えなくて、いつも強がりが邪魔をしてケンカになる。

ここで「ごめんね」の一言が言えたらいいんだよねって、心ではめっちゃわかってるんだよ。

私のライバルは「強がりな自分」

恋にライバルは付き物だけど、一番のライバルは「強がりな自分」

強がらなかったらなんでも言えるのに、いつも下唇噛んで下向いちゃって言葉がうまくでてこない。

でも涙はたくさん出てくる。

「あ、重たい女だと思われた・・・」って悲しくだってなる。

きっと一つ前の恋は、私の強がりと素直になれない性格が邪魔をして終わった。

強がりをやめる為に必要なものは一つだけ

ただの勇気

勇気があれば、言葉を一言吐ければそれで解決するの。

次からは素直になるって決めた。

こんなことで終わるなんて悲しすぎる。

他の女に取られるより、自分が邪魔をして終わるなんて辛すぎる。

笑顔で「ごめんね」と「ありがとう」と「好き」を言う為に必要なものは、ちょっとの勇気だけ。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする