2018.06.30

メンタリティ

都会ノイズと繰り返す毎日

あーやん。

あーやん

都会のノイズを毎日聞くのは辛いけど、毎日にちょっとした変化をもたらすだけで気持ちはすごく前向きになる。すごく楽になる。

毎日都会で働いたり、学校に通ったり。

そんなのに疲れちゃう日だってあって。

どうしても職場や学校に行きたくないとき、これを読んでほしい、そんな思いで今回書きたいと思います。

憂鬱満員電車

まず憂鬱になるのが、朝の満員電車。

暑苦しい人の量と、苛立つサラリーマン。OLのヒールに踏まれないように避けながら身を小さくして電車に乗る。

お願いだからぶつからないでって思いながら。

でもそんな時にオススメなのは人間観察。

目の前の人で勝手な妄想繰り広げるとめっちゃ楽しい気持ちになる。

朝の満員電車が全然辛くなくなる。

「この人は仕事の事ばかりで彼女を大切にしてなさそうだな~。」とか、
「この人は絶対彼氏に依存してばかりで相手の気持ち考えずに突っ走るタイプだろうな~。」とか、
「この人はすぐ女子会して、自分の誕生日会とか自分で開催するタイプだな~。」とか。
意外と当たってそうだから楽しい。

毎日同じことの繰り返し

毎日同じ時刻の電車に乗って同じ道のりを歩いて、同じ会社や学校に行って、毎日同じ業務繰り返して、同じ道のり歩いて同じ電車で帰る。

これって結構苦痛。

甘えかもしれないけど、普通に無理。

だから変化が欲しいんだけど、変化をつけるのもめんどくさくて。

別に仕事内容は好きだし、でも毎日ってなると話は変わってくる。

だから仕事を変えたいわけじゃないんだよね。

都会ノイズと繰り返す毎日

繰り返す毎日に疲れても、多くの人が行き来する都会のノイズも毎日聞くのは辛いけど、毎日にちょっとした変化をもたらすだけで気持ちはすごく前向きになる。すごく楽になる。

休日は家にこもりがち。

でも都会を離れて、緑の中でゆっくり過ごして見ると気持ちがリフレッシュするので、心の疲れを感じてきたら存分に自分を労わってあげて。

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする