2018.06.23

恋の一方通行

愛ってなに?どうせ恋するなら胸を焦がしたい。

あーやん。

あーやん

私たちはずっと恋をする。何度失敗して、何度泣いても、何かを求めて、また恋をする。

今回お話しするのは、恋愛のお話です。

女性の永遠の悩み。「愛ってなに?」

愛って、なんでしょうか。

それぞれの形があるとか、フィーリングとか、思いやることだとか、信じ抜くことだとか、大人たちは言うけど私はまだ知らない。

今まで様々な恋をしてきたけど、全部中途半端で愛されていた記憶がない。

みんな口を揃えて「愛してた」と言う。でも、愛してるって何?って、私の何をわかってるの?ってずっと思っていました。

いつかきっと、胸を焦がすような運命の恋をして、たくさん愛して愛されるだろう。
その時、本当の愛に気づくのだろう。そんな幻想を描いていました。
きっと、そんな恋もどこかにあるでしょう。でも目の前にある恋はそれとは程遠くて、どんなに手を伸ばしても掴めなくて、もがいて苦しんで、でもまた恋をして。

私たちはずっと恋をする。何度失敗して、何度泣いても、何かを求めて、また恋をする。

初恋

あなたは自分の初恋を思い出せますか?

初恋の時は、手を繋ぐのもキスするのもドキドキが止まらなくて、極上の幸せを感じて、この幸せは永遠に続くものだと思いませんでしたか?
私は思っていました。

あのドキドキは永遠に続くものだと・・・

あの幸せは、永遠に続くものだと・・・

あの頃は愛だとか恋だとか、よくわからないけど、好きな人が目の前で笑っているだけで幸せだった。
子供のおままごとみたいな恋愛でも、初恋はそれでよくて。何もわからなくてよくて。
好きになる相手も勉強ができるとか、運動ができるとか、そんな判断基準でしかなくて。
そんな恋が永遠に続いていたら、きっと私は今こんな荒んでいなかった。

今の恋

初恋の時に好きになる相手の判断基準と今の基準は全く違って。

自分より知識があるとか、高収入だとか、顔が整ってるとか、高学歴だとか、レディーファーストだとか。
どんどん条件が増えては、本物の恋から遠ざかっていく。

条件でしか相手を判断できなくなったのは、いつから?
大人になるたびに、夢を見てはかき消されていく。
結局理想なんて理想に過ぎなくて、自分が条件で選んでいるうちは、相手も自分を条件でしか見ていない。

ずっと「自分の鏡」のような相手と付き合うんだ。

この人、自己中で自分勝手で傲慢でわがままで最悪!って思ったら、相手にも自分がそう見えてる。

だから永遠に本物の愛になんて辿り着けない。

相手を受け入れなきゃ。

相手を信じなきゃ。

本物の愛になんて辿り着けないの。

持論ですが、

「恋をして、そのあと相手を信じられるようになって、初めて愛に辿り着く。」

私たちはいくらでも恋はできる。

でも、信用することは難しい。

でも、相手を無性に信じてみる。

難しいことだけど、バカみたいに信じてみればいい。

相手の携帯なんて見てもいいもの入ってないから!自爆するだけだから!

どんなに裏切られても、また信じてみればいい。

浮気されたら、めちゃくちゃにしてやればいい!

恋愛なんてどんなに学んでも、恋しちゃったら全部忘れちゃうんだから。

次の恋では!と思ったって、無駄なんだから。

全力で信じてみよう。

きっと、少しだけ前に進めるから。

「愛ってなに?」
その結論は、誰にもわからない。

でも、信用すること、信用されることから始めてみませんか?

あーやん。
あーやん
株式会社DariaMe代表|21歳 元精神疾患 バイセクシャル 『生きるという当たり前に真剣に向き合います』

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

DariaMeをフォローする